本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から 「ひゃくまん穀」のおにぎりが道の駅めぐみ白山で配布されました

「ひゃくまん穀」のおにぎりが道の駅めぐみ白山で配布されました

 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク



 


 9月30日(日)、石川県オリジナルの新品種のお米として2017年にデビューした「ひゃくまん穀」を使用したおにぎりの配布が県内各地で行われ、道の駅めぐみ白山でも、おにぎりをもらう長い列ができました。
 ◇おにぎり配布の様子

 

 
道の駅めぐみ白山では200個の
おにぎりが配布されましたが、あっという間に終了しました。

「まだ食べたことがないので、楽しみ」という方も多くいらっしゃいました。

 

道の駅めぐみ白山の直売所店内ではひゃくまん穀の新米も販売されており、「家で食べ比べてみたい」と、購入して帰るお客さんも見られました。
 


「ひゃくまん穀」は粒が大きく、粘りが強く、しっかりとした粒感で、味わい、食感ともに食べごたえがある品種です。また、時間が経っても硬さや粘りの変化が少なく、冷めてもおいしいということで、お弁当やおにぎりにもおすすめ!

 
白山市の基幹作物でもあるお米が、新米の季節を迎えてさらに食がすすみますね!
産地や品種にこだわって好みのお米を探すのも楽しいかもしれませんね。
 

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。