本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の まちづくり・産業・交流  >  の中の 食育と地産地消  >  から グリーンピースのレシピ

グリーンピースのレシピ

 
 
「トップページ」へリンク 「食育」にリンク 「白山市の味」へリンク 「地産地消」へリンク 「地産地消推奨店」へリンク 「農林水産物情報」へリンク 「直売所情報」へリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
食材別レシピ

「グリーンピース」

 
 
 グリーンピースの若いさやが「さやえんどう」で、成長した実が「グリンピース」です。どちらも茹でて食べると美味しいですが、茹でると豆類に特有のシワができてしまい、見た目が悪くなることがあります。シワにならない茹で方のポイントは、ひたひたの水に浸けて弱火で茹でます。茹であがったあとは、茹で汁に浸けたままゆっくり冷ますことです。

 白山市産グリーンピース
○主な生産地 鶴来地域
○旬な時期 5月下旬~6月下旬
○栄素 βカロチン、ビタミンCが豊富です。



                           
     
グリーンピースと春雨の具沢山スープ グリーンピースとあさりの炊き込みご飯 グリーンピースと堅豆腐のサラダ
グリーンピースとホタテのかき揚げ グリーンピースの翡翠煮  
 
 
 
 
 
 
 
グリーンピースと春雨の具沢山スープ 
 
 
  
材料(2人分) 
グリーンピース
春雨
玉ねぎ
人参
茹で筍
しめじ
ベーコン

コンソメ 
塩、こしょう
30g
15g
30g
25g
15g
15g
10g
300ml
1個
適量
 
 
作り方
  1. 玉ねぎ、人参、筍、ベーコンは食べやすい大きさにきる。しめじは石づきをとりほぐす。
  2. 鍋に水、コンソメ、玉ねぎ、人参を入れ火にかける。
  3. 沸騰したら、塩もみをして水洗いしたグリーンピース、春雨、しめじ、ベーコンを加え4~5分程度加熱する。
  4. 塩、こしょうで味を整える。
 
 
 
 
 
 
グリーンピースとあさりの炊き込みご飯 
 
 
  
材料(2人分)

グリーンピース
あさり


紅生姜
2合
80g
150g
大さじ1
少々
適量
作り方
  1. あさりは砂出しをしてよく洗い、酒蒸しにする。身を殻から取り出し、出た汁はとっておく。
  2. 洗った米をお釜に入れて、蒸し汁と水を合わせて分量通りの水加減にする。
  3. 塩もみをして水洗いしたグリーンピースと塩を少々入れて普通に炊く。
  4. 炊き上がったら10分程蒸らして、あさりの身を混ぜて器に盛り、紅生姜を飾る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリーンピースと堅豆腐のサラダ                 
 
 
  
材料(2人分)
グリーンピース
堅豆腐
パプリカ
セロリ
白すりごま
ポン酢 
柚子こしょう
40g
50g
30g
30g
大さじ1/2
大さじ1/2
適量
作り方
  1. グリーンピースは洗って塩でよくもむ。ひたひたの水に入れてやわらか茹でる。そのままゆっくりと冷ます。
  2. 堅豆腐、パプリカ、セロリは粗みじんにする。 
  3. ポン酢と柚子こしょうを混ぜ合わせた  ものに材料をすべて入れて混ぜ合わせる。
     
 
 
 
 
 
 
 
グリーンピースとホタテのかき揚げ
 
 
  
材料(2人分)
グリーンピース 
ホタテ(生)
 玉ねぎ
人参
【衣】
薄力粉

40g
80g
100g
50g

60g
60ml程度
適量
作り方
  1. 玉ねぎは繊維に沿って0.5㎝の薄切りにする。人参は太めの千切りにする。ホタテは1cm程度の角切りにする。
  2. ボウルに薄力粉、冷水をさっと混ぜ合わせる。
  3. (1)、(2)と塩もみをして水洗いしたグリーンピースをさっくりと混ぜる。
  4. 170~180度の揚げ油にゆっくりと落とし入れて揚げる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリーンピースの翡翠煮                       
材料(2人分)
グリーンピース
だし汁
薄口醤油
みりん、酒
砂糖、塩
160g
200ml
小さじ1/2
各大さじ1/2
少々
作り方
  1. グリーンピースは洗って塩でよくもむ。ひたひたの水に入れてやわらかく茹でる。そのままゆっくりと冷ます。
  2. だし汁と調味料を火にかける。煮立ったら水を切った豆を入れてひと煮立ちさせる。
  3. 鍋ごと氷水にあてて、すばやく冷まし味をなじませる。
 
 

 
 
□栄養
 グリーンピースは、βカロチンやビタミンCが豊富です。βカロチンは細胞の老化予防、ビタミンCは美肌・美白効果が期待され、βカロチンとの相乗効果で免疫力も向上します。
 また、豆類の特徴であるビタミンB群とたんぱく質、食物繊維も多く含まれ、糖質代謝に欠かせないビタミンB1、コレステロール排出や腸の働きをよくする食物繊維と体にうれしい栄養素が豊富につまっています。





 
 
 
 
 
 
 
食育・地産地消 ~まるごと!はくさん!~ トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。