剣崎なんば保存愛好会

ページ番号1005216  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

会長さんにお聞きしました!

写真:剣崎なんばの商品を持つ会長
会長の下村正耕さん
写真:剣崎なんば
ハウスの中には観賞用の
鉢物も!
写真:下村さん
丹精込めた剣崎なんばを見つめる
下村さん

剣崎なんば物語(剣崎なんばの商品などの紹介)もご覧ください。

会名
剣崎なんば保存愛好会
発足時期
平成21年6月13日
会員数

59名(平成23年6月末現在)

  • 構成組織
    • 剣崎なんば生産組合 13名
    • 松任園芸保存協会 2名
    • (農)御坊営農組合 7名
    • JA松任青年部林中地区 35名
    • 鳥越地区剣崎なんば生産グループ 2名
会の特徴
剣崎なんばの品質を守りながら、生産地を広げ、後世に残す。

栽培の苦労話など

  • 戦前まで剣崎町のほとんどの農家で栽培していました。
  • 戦後は需要が減り、廃れていきました。
  • 1990年からJAの1支所1品運動をきっかけに復活しました。
  • 剣崎町の土壌に適しているのか他の地域での育成が難しいとされる。
    (接ぎ木栽培の推進)
旬な時期
8月~11月頃
品種の特徴
  • 白山市地域特産農産物の指定(平成21年2月)
  • 蝋引きしたような艶のある赤色で、鞘が他に比べて細長く、辛味成分であるカプサイシン含量が非常に多く、激辛であるが後味が甘く残ります。
問い合わせ先
剣崎なんば保存愛好会 会長 下村 正耕
電話 076-276-1005

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

産業部地産地消課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9522 ファクス:076-274-4177
産業部地産地消課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。