「新しい生活様式」を日常に取り入れよう

ページ番号1001929  更新日 2022年2月8日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:新しい生活様式

ウイルスや細菌に感染しても、症状がでなかったり、軽症で済んだりする場合があります。
自分自身を感染から守るだけでなく、周囲に感染を拡大させないためにも、一人一人が基本的な感染症対策をとることが大切です。感染しない、させないためにも以下のことを再確認しましょう。

  • 人との間隔はできるだけ2メートル空けよう
  • 手洗いは30秒かけてせっけんで丁寧に
    (こまめな手洗いうがいを)
  • 会話をする時にはマスクをつけよう
    (咳エチケットにも気をつけて)
    ※マスクの着用が困難な状況にある方へのご理解をお願いします。
  • 定期的に換気をしよう
    (密集、密接、密閉を避けよう)
  • 買い物はすいた時間に
    (計画を立てて手短に)
  • 毎朝の健康チェックを
    (発熱や風邪の症状がある場合は自宅で療養)
  • 空いた時間と場所を選んで運動しよう
    (ジョギングなども少人数で)
  • バランス良い食事としっかり睡眠を
    (免疫力を高めよう)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部いきいき健康課
〒924-0865 白山市倉光三丁目100
電話:076-274-2155 ファクス:076-274-2158
健康福祉部いきいき健康課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。