本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の 観光・レクリエーション  >  の中の ふるさと絵日記  >  から ふるさと絵日記第7話

ふるさと絵日記第7話

お問い合わせ
部署名: 観光課 電話番号: 076-274-9544 FAX番号: 076-274-9546 E-mail: kankou@city.hakusan.lg.jp

 
  文弥人形浄瑠璃イラスト
   
  幻想への誘い、文弥人形浄瑠璃・でくの舞
   
 
雪深い山里・東二口に村人たちの冬の楽しみとして伝わった人形浄瑠璃。
約300年の歴史をもつといわれ、今も毎年2月の第2・第3土曜・日曜に
村の人たちの手で演じられています。
東二口の長・三郎太夫が京の都を訪れたときに
当時流行していた人形芝居に魅せられて伝えたのが始まりとか。
「文弥節」といわれる哀調を帯びた語りと笛や三味線の音色、
使い手によって魂を吹き込まれたかのように舞う「でく」の姿、
しばし現代を忘れるような、幻想的な風情が漂います。
   
                                                             7
   
  前の物語一覧に戻る次の物語
このページは役に立ちましたか。