本文へジャンプ
白山市  
   
 携帯サイト  白山市Facebook  Language   サイトマップ
現在位置: トップページ  >  の中の 観光・レクリエーション  >  の中の ふるさと絵日記  >  から ふるさと絵日記第1話

ふるさと絵日記第1話

お問い合わせ
部署名: 観光課 電話番号: 076-274-9544 FAX番号: 076-274-9546 E-mail: kankou@city.hakusan.lg.jp

 
  千代女イラスト
   
  暮らしの美を詠んだ俳人・加賀の千代
   
 
「朝顔や つるべとられて もらひ水」の句で知られる加賀の千代女は
元禄16年(1703)に松任の表具師の娘として生まれました。
幼い頃から俳諧をたしなみ、17歳のときに
芭蕉の門人各務支考(かがみしこう)に才能を認められ、
「あたまからふしぎの名人」と称えられました。
千代女の句には、なにげない日常や季節の移り変わりを
優しいまなざしでみつめで詠んだものが多く見られます。
剃髪後は「素園」と号し、73歳でこの世を去るまで句作に励みました。
   
                                                             1
   
  前の物語一覧に戻る次の物語
このページは役に立ちましたか。