世界遺産への提案

ページ番号1002488 

印刷大きな文字で印刷

「霊峰白山と山麓の文化的景観 自然・生業・信仰」(平成19年12月20日提出)

写真:日本海からの白山眺望

これまでの取り組み

平成18年11月29日

  • 石川県、福井県、岐阜県、白山市、勝山市、郡上市の3県3市によって、世界遺産暫定一覧表記載候補提案書「霊峰白山と山麓の文化的景観」を文化庁に共同提案しました。

平成19年1月23日

  • 文化審議会文化財分科会世界文化遺産特別委員会より、世界遺産暫定一覧表に追加記載することが適当とされた文化資産が公表されました。
  • 「霊峰白山と山麓の文化的景観」は、課題を踏まえて、主題及び構成について引き続き検討していくことが必要な「継続審議」案件とされました。

再提案までの取り組み

  • 世界文化遺産特別委員会より示された諸課題を解決し、再提案の内容の充実を図るため、学識経験者による専門部会を開催したほか、関係自治体による協議を重ねてきました。

平成19年12月20日

  • 平成18年度提案自治体のほか、小松市(石川県)、大野市(福井県)、高山市・白川村(岐阜県)が加わり、3県6市1村として、再提案書「霊峰白山と山麓の文化的景観−自然・生業・信仰−」を文化庁に共同提案しました。

世界遺産暫定一覧表への文化資産の追加記載結果について

平成20年9月26日文化庁発表
「世界遺産暫定一覧表候補の文化資産」として整理されました。

共同提案自治体

石川県・福井県・岐阜県・白山市・小松市・勝山市・大野市・郡上市・高山市・白川村
(3県6市1村)

提案書

平成19年12月20日提出

世界遺産とは

  • 昭和47(1972年)年、第17回ユネスコ総会において採択された「世界遺産条約」に基づくもの
  • 人類共通のたからものとして、深刻な損傷や破壊等から保護し、次の世代に引き継いでいくもの

世界遺産の種類

世界遺産には次の3種類があり、有形の不動産が対象となっています。

  • 文化遺産 顕著な普遍的価値を有する記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など
  • 自然遺産 顕著な普遍的価値を有する地形や地質、生態系、景観、絶滅のおそれのある動植物の生息・生息地などを含む地域
  • 複合遺産 文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えている遺産

 世界遺産への登録とは

  • ユネスコ(本部:パリ)の「世界遺産委員会」が、各国からの推薦に基づき、「顕著な普遍的価値」を持つ文化遺産や自然遺産を「世界遺産一覧表」に登載すること

暫定リスト(一覧表)とは

  • 将来世界遺産として登録される可能性がある優れた資産は各国が作成する「暫定リスト」に記載され、ユネスコに提出されます。
  • その「暫定リスト」の中で条件が整ったものから、各国がユネスコへ世界遺産への登録を推薦することとなります。

世界遺産の登録状況

我が国の世界遺産(16件)

  • 文化遺産(12件)
    1. 法隆寺地域の仏教建造物(奈良県:平成5年)
    2. 姫路城(兵庫県:平成5年)
    3. 古都京都の文化財(京都府、滋賀県:平成6年)
    4. 白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県:平成7年)
    5. 原爆ドーム(広島県:平成8年)
    6. 厳島神社(広島県:平成8年)
    7. 古都奈良の文化財(奈良県:平成10年)
    8. 日光の社寺(栃木県:平成11年)
    9. 琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県:平成12年)
    10. 紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県:平成16年)
    11. 石見銀山とその文化的景観(島根県:平成19年)
    12. 平泉ー仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群ー(岩手県:平成23年)
  • 自然遺産(4件)
    1. 屋久島(鹿児島県:平成5年)
    2. 白神山地(青森県、秋田県:平成5年)
    3. 知床(北海道:平成17年)
    4. 小笠原諸島(東京都:平成23年)

世界の世界遺産 962件(文化遺産745件、自然遺産188件、複合遺産29件)
(平成24年7月現在)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財保護課
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9579 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部文化財保護課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。