文弥節人形浄瑠璃の祭典

ページ番号1010692  更新日 2023年10月17日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 講座・教室 鑑賞・コンサート

開催エリア:鶴来

文弥節人形浄瑠璃の祭典

未来に伝えよう日本の古浄瑠璃

白山市を含め、全国で4県のみの伝承されている文弥節人形浄瑠璃は、国内で最も古い浄瑠璃で、いずれも国の重要無形民俗文化財に指定されており、その保存会が一堂に会し、合同公演を行うことで、貴重な民俗文化を全国へ発信し、鑑賞者に古典芸能の素晴らしさを理解していただきます。

文弥節人形浄瑠璃とは、江戸時代前期より演じられるようになった人形芝居で、通常の浄瑠璃と比べると、人形は素朴で一人で操ることが特徴です。

公演の他にも文弥人形の魅力解説、シンポジウムを通し、保存会活動の実態や問題点を語り合うことで、人形浄瑠璃の保存伝承へつなげていきます。

人形浄瑠璃
東二口文弥節人形浄瑠璃
開催日

2023年10月21日(土曜日) 、10月22日(日曜日)

開催時間

午前11時 から 午後5時 まで

21日(土曜日)13時30分~16時30分
22日(日曜日)11時00分~16時10分

開催場所

鶴来総合文化会館クレイン(白山市七原町77番地)

申込み締め切り日

2023年10月6日(金曜日)

申込みは終了しました。

参加費
無料
定員
21日(土曜日):80人 ※定員に達しました
22日(日曜日):600人 ※当日券あります
申し込み方法

はがきに希望公演日(両日希望も可)、希望枚数(一人2 枚まで)、氏名、住所、連絡先を記入して送付
または、下記申し込みフォームより申し込み

問い合わせ
白山市観光文化スポーツ部文化課
電話番号 076-274-9573

10月21日(オープニング公演、ワークショップ「文弥人形の魅力開設」)

1部 オープニング公演(13時30分~15時00分)

白山市の深瀬木偶回し保存会と東二口文弥人形浄瑠璃保存会による文弥節人形浄瑠璃の公演を行います。

2部 文弥人形の魅力解説(15時00分~16時30分)

人形の仕様の違いや操り方などを地元保存会の方が解説します。また、操り体験も行います。


10月22日(シンポジウム、文弥節人形浄瑠璃公演)

シンポジウム(11時00分~11時50分)

「文弥節人形浄瑠璃の歴史と継承」をテーマに、大学の研究者や各保存会の代表者が意見交換を行います。

文弥節人形浄瑠璃公演(13時00分~16時10分)

全国4件のみに伝承され、いずれも国の重要無形民俗文化財に指定されている保存会による合同公演を行います。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページは役に立ちましたか。

このページに関するお問い合わせ

観光文化スポーツ部国民文化祭推進室
〒924-8688 白山市倉光二丁目1番地
電話:076-274-9573 ファクス:076-274-9546
観光文化スポーツ部国民文化祭推進室へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。