本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の課別でさがすの中の危機管理課から白山火山について

白山火山について

お問い合わせ
部署名: 危機管理課電話番号: 076-274-9536FAX番号: 076-274-9535E-mail: kikikanri@city.hakusan.lg.jp

白山火山について

白山への登山について[白山火山防災協議会](外部リンク)
         ~白山は活火山です

1 白山火山防災計画について


 火山噴火予知連絡会が「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として47火山を選定(※H30.1.1.現在で50火山)し、白山はそのうちの1つであることなどから、平成25年3月に国や石川・岐阜2県の関係機関等で構成する白山火山防災協議会(同年11月には福井県も新たに参画)が発足し、4回の会議が開催されました。 
 平成27年6月29日に開催された第4回白山火山防災協議会において、想定される火山現象(噴火シナリオ)、噴火警戒レベルを設定し、それに応じた具体的な防災対応(レベル1~5)、火山監視体制等を踏まえた白山火山防災計画が承認されました。
 今後は、平常時において、火山防災情報の伝達や火山噴火からの適切な避難方策、火山に関する知識の普及について、取り組むことにしています。
 また、噴火時等における具体的な防災対応については、白山の活動状況に応じ、関係機関が連携し、施設の閉鎖、登山道・道路の規制、退避・注意喚起、避難準備・避難勧告といった防災対応を実施することにしています。

  ・白山火山防災計画(PDFファイル:1,340KB)
  ・(資料1)噴火警戒レベル1~3までの規制(PDFファイル:1,233KB)
  ・(資料2)噴火警戒レベル4、5での規制(PDFァイル:934KB)

2 白山の火山活動が活発化した場合の避難計画について
 国では、御嶽山の噴火災害を受け、平成27年12月に活動火山対策特別措置法を改正し、避難計画を含む警戒避難体制の整備を行うこととされ、平成28年2月には、石川県・岐阜県・白山市・白川村2県2市村が白山における火山災害警戒地域に指定されたところであります。
 そして、白山火山防災協議会構成機関と協力し、白山市及び白川村で策定を進めておりました避難計画については、平成29年3月15日に開催された白山火山防災協議会において承認されました。

  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(表紙および目次)(PDFファイル:147KB)
  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(1-19P)(PDFファイル:2,657KB)
  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(20-25p)(PDFファイル:648KB)
  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(26-31p)(PDFファイル:2,630KB)
  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(32-43p)(PDFファイル:2,876KB)
  ・白山の活動が活発化した場合の避難計画(44-69P)(PDFファイル:5,805KB)

3 白山の噴火災害に備える【噴火警戒レベル4、5の場合】(白山市版)
 白山市では、噴火警戒レベル4、5の場合(積雪期における融雪型火山泥流を想定)に備え、「白山の火山活動が活発化した場合の避難計画」を基に下記冊子を作成しました。
  ・白山の噴火災害に備える【噴火警戒レベル4、5の場合】(白山市版) (PDFファイル:1,756KB)

4 噴火警戒レベルの運用について


 白山火山防災協議会の合意に基づき、気象庁が設定し、平成27年9月2日13時より、運用が開始されました。(下図参照) 
 ※現在の噴火警戒レベル→白山の活動状況(気象庁)(外部リンク)

 注)想定火口域は、山頂火口部(御前峰~大汝峰付近)をいう。
 ※居住地域まで影響が及ぶことが予想される場合(噴火警戒レベル4、5)は、噴火警報(特別警報)で発表されます。
 ※白山の噴火シナリオにおける噴火シミュレーションでは、積雪期の白峰地区において、融雪型火山泥流が到達または切迫すると
  想定しています。(噴火警戒レベル4、5の場合)

 
白山の噴火警戒レベル
このページは役に立ちましたか。