本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の生活・環境・安全の中の地域安全から白山市の交通事故発生状況

白山市の交通事故発生状況

お問い合わせ
部署名: 地域安全課電話番号: 076-274-9537FAX番号: 076-274-9535E-mail: anzen@city.hakusan.lg.jp


〇白山市における交通事故発生状況


上半期
 平成30年
(1~6月)      
令和元年
( 1~ 6月)
 増減数
件数  1051094
死者数143
負傷者数   130128-2


年間
 平成29年
(1~12月)         
平成30年
(1~12月)
  増減数
件数  308230-78
死者数53-2
負傷者数   366283-83
               
               資料提供:白山警察署




〇過去10年間の交通事故発生状況


 平成21年~平成30年(PDF) 



〇交通事故のあらまし


 交通事故のあらまし(PDF)
   (白山市・白山市交通安全協会発行)



〇交通事故防止のために



「歩行者を早く見つけて守る運転」の推進 
 ~歩行者優先!「チェック・ストップ・横断歩道」~

運転中のわき見・スマートフォン等の操作や画像を注視する行為はやめましょう。
交通ルールを守ることはもちろん、前方左右の視野を広げていち早く横断歩行者等を発見し、歩行者を守る運転をしましょう。
 

ライトで照らせ『かがやき』運動」の推進
 ~早めの点灯・ハイビームの活用・反射材用品の着用等の徹底~

 
◇薄暮時間帯の早めのライト点灯をしましょう。

◇ハイビーム(上向きライト)を上手に活用しましょう。
  ・対向車や先行車がいない場合はハイビーム
  ・交通量の多い市街地等はロービーム

◇歩行者・自転車の反射材用品を着用・貼付けしましょう。


早めの合図30・3(サンマル・サン)運動の推進

早めの合図
 ◇右左折時は30メートル手前から
 ◇進路変更時は秒前から
 を実践し、ゆとりとゆずり合いの気持ちを持った運転をしましょう。


スピードダウン 1・2・3 運動」の推進

 
1割のスピードダウン、2倍の注意力、3分早めの出発 によるゆとり運転・安全運転を実践しましょう。


このページは役に立ちましたか。