本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の暮らしの手続きから外国人の方の住基ネットの運用が始まります

外国人の方の住基ネットの運用が始まります

お問い合わせ
部署名: 市民課電話番号: 076-274-9525FAX番号: 076-275-2211E-mail: shimin@city.hakusan.lg.jp
外国人のみなさんへのお知らせです


 平成24年7月の法律の改正により、外国人住民の方も住民基本台帳に記載されておりますが、平成25年7月8日(月)からは、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の運用も開始されることとなりました。

■住基ネットとは…

 住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)とは、居住関係を公証する全国の市町村の住民基本台帳をネットワーク化したものです。これが運用されることによって、住居地以外の市町村でも住民票の交付を受けることができたり、一部の行政機関では住民票の写しの提出の省略が可能となります。 

■住民票コードが付番されます。

「住民票コード」とは、住基ネットにおいて本人確認をするために必要な無作為の11桁の識別番号のことで、今回、住民登録されている外国人住民の方にも日本人住民と同様に住民票コードが付番されることとなりました。
 住基ネットの運用が開始されます平成25年7月8日以降に「住民票コード通知票」を外国人住民の方あてに順次送付いたします。運用開始にあたって、外国人住民の方には特に手続き等をしていただく必要はございませんが、住民票コードにつきましては、一部の行政手続きにおいて記載を求められることもありますので、大切に保管してください。 


■「住基カード」の交付が可能になります。

「住民基本台帳カード(住基カード)」とは、住民登録している市町村において交付を受けることのできる高度なセキュリティ機能を備えたICカードで、「顔写真なし」と「顔写真付き」の2種類があり、顔写真付きの住基カードは通称名が記載された公的な身分証明書として使用することもできます。
 また、住基カードをお持ちの方は、住基ネットの運用によって、転出手続きを簡略化することもできます。
 住基カードの即日交付を受ける場合は、在留カード、特別永住者証明書、ICカード運転免許証のいずれかを提示して、白山市役所本庁市民課での申請が必要です。
(支所で申請及び交付を受けられる場合は、3日程度かかりますのでご了承ください)
(手数料:500円)

   住民基本台帳カード(住基カード)について


公的個人認証サービスが受けられます

「公的個人認証サービス(電子証明書)」とは、自宅のパソコン等からインターネットを通じて行政手続き等の電子申請をする際に、本人であることを公的に証明し、他人によるなりすましや通信途中の改ざん等を防止するサービスのことです。
 住基カードをお持ちの方は、住民登録している市町村で住基カードに電子証明書を格納することで、インターネットを通じての電子申請ができるようになります。
 電子証明書の交付を受けるときは、住基カード、顔写真付きの本人確認書類(在留カード、運転免許証、顔写真付きの住基カードなど)が必要です。(手数料:500円)

   公的個人認証サービス(電子証明書)について



 
 
このページは役に立ちましたか。