本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の男女共同参画からワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)

お問い合わせ
部署名: 男女共同参画室電話番号: 076-274-9577FAX番号: 076-275-2211E-mail: danjyo@city.hakusan.lg.jp
■本庁1階 TEL 076-274-9577 FAX 076-275-2211

ワーク・ライフ・バランスとは

 皆さんは「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」という言葉をご存知ですか?
 働くすべての方々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。

 しかしながら、現実の社会では、「仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない」、「仕事と、子育てや親の介護との両立が難しい」などの理由で、多くの方がワーク・ライフ・バランスを実現できていません。

 様々なライフスタイルや、子育て期、親の介護などを行う中高年期といった人生の各段階におけるニーズに合わせて多様な働き方・生き方を選べる「ワーク・ライフ・バランス」社会の実現に向けて、行政や企業、市民の皆さんが一体となって取り組むことが重要です。
ワークライフバランスimg



関連ページ 
男女共同参画室
企業向 ワーク・ライフ・バランス啓発物品について
商工課
仕事と生活が調和する優良事業所について
育児休業代替要員確保等助成金制度ついて


コラム
みんなの理解と協力


 下のグラフは、6歳未満の子供を持つ夫の1日当たりの家事・育児関連時間を国別で比較したものです。日本の男性の家事・育児関連時間が、とても短いことがわかります。

 結婚や出産をしても働き続けたい、と考える女性が増えている一方で、出産を機に多くの女性が退職をせざるを得ない現状があります。女性が仕事と子育てを両立していくためには、家族や職場の理解と協力が欠かせません。
 特に家庭では、夫がともに家事や育児を分担することが不可欠です。また、職場では育児のための休業・休暇・短時間勤務など柔軟な働き方ができる制度の整備や、それらの取得しやすい職場環境や雰囲気づくりもとても重要です。
 夫をはじめとする家族や職場のみんなが子育て期の女性の状況を理解し思いやること
これがワーク・ライフ・バランスの第一歩なのです。
育児時間の国際比較

※グラフ出典:内閣府ホームページ
 http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-03-08.html

 

リンク




このページは役に立ちましたか。