本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の課別でさがすの中の男女共同参画室から性の多様性について考える~セクシュアルマイノリティとは|男女共同参画室

性の多様性について考える~セクシュアルマイノリティとは|男女共同参画室


◆「LGBT」という言葉を知っていますか?


 LGBTとは、性的少数者(セクシュアルマイノリティ)を表す言葉の一つで、以下の言葉の頭文字をとって組み合わせたものです。
性的指向
(好きになる性)
Lesbian(レズビアン)
女性の同性愛者(こころの性が女性で、恋愛対象も女性)
Gay(ゲイ)
男性の同性愛者(こころの性が男性で、恋愛対象も男性)
Bisexual(バイセクシュアル)
両性愛者(恋愛対象が女性にも男性にも向いている)
性自認
(こころの性)
Transgender(トランスジェンダー)
「からだの性」と「こころの性」が一致しないため「からだの性」に違和感を持つ人 

 性的少数者(セクシュアルマイノリティ)には、LGBT以外にも男女どちらにも恋愛感情を抱かない人や、自分自身の性を決められない・分からない人など、さまざまな人たちがいます。

好きになる性もいろいろ・・・
パートナー
女性が女性を好き
パートナー
異性が好き
 
パートナー
男性が男性を好き


こころの性もいろいろ・・・
人「わたしは男と女の真ん中あたりにいます」
「わたしは男でも女でもないと思っています」
「わたしは男か女か決められないし決めたくないです」
「わたしは男と女どちらも自分だと思っています」





◆私たちにできることからはじめよう


 民間の調査(電通ダイバーシティ・ラボ 2018年)で、性的少数者は人口の8.9%(11人に1人)存在すると言われていま
す。しかし、「自分のまわりにはいない」と思っている人も多いのではないでしょうか。
 もしかしたら家族・友人など、身近な人が偏見や差別をおそれて言い出せず悩んでいるかもしれません。

 「男らしさ」「女らしさ」を押し付けたり、未婚であることをからかったりすることは、知らないうちに誰かを傷つけている可能性があります。また、当事者のことを「どこかおかしい」「気持ち悪い」などとうわさ話をすることは、偏見や差別にもつながります。
 また、本人の了承なく、その人の性的指向や性自認について暴露すること(アウティング)は絶対にやめましょう。

【気をつけたい言葉】

「彼氏」「彼女」
「旦那さん」「奥さん」など
恋愛対象は異性だけとは限りません。同性や、両性を好きになる人もいます。「恋人」「パートナー」などと言いかえましょう。
「ホモ」「オカマ」「レズ」
「オナベ」「オネエ」など
差別・不快用語となります。





◆セクシュアルマイノリティに関する啓発事業

 市では誰もが「自分の性」を尊重され、自分らしく生きられる社会を目指し啓発事業を行っています。

令和元年度令和元年7月6日 性の多様性を考える映画会&トーク会
 セクシュアルマイノリティ当事者ではなく、周囲の人々の目線で描かれ、国内の映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞した話題作・映画「カランコエの花」を上映しました。また、パネリストなどを招きトークセッションも行いました
性の多様性を考える映画会
平成30年度平成31年2月28日 相談員研修会
「思い込みに気づき、良き支援者になるために―性の多様性を踏まえた相談業務に向けて」
講師 三部倫子先生(石川県立看護大学講師)


平成30年8月18日 男女共同参画セミナー

「子どもからのカミングアウト~親子関係からLGBTを学ぶ~」
講師 三部倫子先生(石川県立看護大学講師)

 セミナー風景
平成29年度平成29年10月28日 男女共同参画セミナー
「性的少数者とともに暮らす社会~多様な性と地域づくり~」
講師 杉田真衣先生(首都大学東京都市教養学部准教授)
平成28年度平成28年9月17日 男女共同参画セミナー
「性的少数者の人権について~ 多様な性と社会 ~」
講師 杉田真衣先生(金沢大学准教授)



~誰もが自分の性を尊重され、「自分らしく」生きられる社会へ~
男女共同参画室 TEL 076-274-9507



◆関連リンクなど
【人権相談】
法務省金沢地方法務局 076-292-7843
 ・みんなの人権110番 0570-003-110
 ・子どもの人権110番 0120-007-110
 》性的少数者に関する人権啓発サイト(法務省)
 》性的指向及び性自認を理由とする偏見や差別をなくしましょう(法務省)

【こころの相談】石川県こころの健康センター 076-238-5761
 ・心の相談ダイヤル 076-237-2700
  相談受付時間  月曜日~金曜日  9時~12時および13時~16時(年末年始・祝日は除く) 
 ・面接相談(予約制) 076-238-5750
  相談受付時間  月曜日~金曜日  8時30分~17時15分(年末年始・祝日は除く)
 
【よりそいホットライン】一般社団法人 社会的包摂サポートセンター
 0120-279-338(セクシャルマイノリティ専門回線あり)

 
このページは役に立ちましたか。