本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページから『まっとうトマト』が学校給食に!~東明小学校で交流給食会~

『まっとうトマト』が学校給食に!~東明小学校で交流給食会~

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

まっとうトマトで生産者と交流給食会 写真

 
  7月14日(木)、地元農産物への関心を高めてもらうため、JA松任トマト部会と学校が連携し、児童たちへの出前授業と交流給食会が行われました。

  この日、地元で『まっとうトマト』の生産を行っているJA松任トマト部会員4名が東明小学校3年1組のクラスに訪れトマトの成長していく過程について写真を使って、わかりやすくお話しがありました。
 また、質問時間も設けられ児童からは「トマトの美味しい見分け方は?」との質問に「トマトの頭の尖った先端部分から黄色い線が出ているもので、同じ大きさでも重量が重いものの方が美味しいです。」と答えるなど、いろいろな質問を行いトマトへの理解を深めていました。
 
  この後、生産者と児童たちが一緒に給食を食べながら、トマトについて話し合いました。

 ※まっとうトマトは、6・7月中 松任地域の9小学校で使用されます。
まっとうトマト写真

 


 

白山めぐみん
 『まっとうトマト』の特徴
  部会員28名全員が「エコファーマー」認定を受けており、減農薬減化学肥料栽培による「クリーントマト」を生産するほか、GAP(農業生産工程管理)を導入し、安全・安心な生産体制を確立しています。
  平成28年度の生産面積は、5haで約400トンの出荷を行う予定です。
 
 

●出前授業の様子です

 
トマト部会4名 写真
 
出前授業の前に渡辺校長先生に朝採ったばかりの
『まっとうトマト』を見せてトマトの説明を行いました。
 
 
トマトの色に合わせた真っ赤なシャツを着た
『まっとうトマト』部会
名の方々
とまとの生育写真を持つ児童 写真生育過程について説明する様子 写真
 
栽培過程の写真を使って皆で順番に並び替え学びました。
 
トマトの生育過程での苦労やどれぐらいの量が一つの苗
から出来るのかを学びました。
 


●給食の様子です

 
給食盛付 写真
 
給食係がトマトスープを食器によそっていました。
  (教室内には食欲をそそる給食のいい香りが)
 
みんなで仲良く「いただきます!」
献立 写真
 今日の献立:白米(松任産コシヒカリ1等米)
         まっとうトマトを使用したトマトスープ
         ベークドチーズハンバーグ              
         粉ふき芋、牛乳
給食を食べながら、生産者の方にトマトについて
松任のどの地域でよく作られているのか?」などの
お話をしながら楽しく給食を食べました
 

 
         ●今回、お話いただいたJA松任トマト部会の皆さんは、

    今本 健夫さん(部会長)、北本 和幸さん、増田 英夫さん、谷 健次郎さん です。

                   本当にありがとうございました。

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
 

 



このページは役に立ちましたか。