本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページから給食に福(ふぐ)来る!~市内小学校の給食に名産「ふぐの糠漬け」登場~

給食に福(ふぐ)来る!~市内小学校の給食に名産「ふぐの糠漬け」登場~

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
学校給食に福(ふぐ)来たる!



〜市内小学校の給食に美川名産
「ふぐの糠漬け」登場〜
 

 
 
 1月25日(水)、白山市立蝶屋小学校の学校給食において市の名産「ふぐの糠漬け」がメニューに登場しました。

 地元の伝統食を味わってもらおうと企画されたもので、美川地域のほか鶴来地域、白山ろく地域の小学校で約2,900食が提供されました。
 この「ふぐの糠漬け」は江戸時代、北前船で運ばれてきたふぐを冬の保存食として糠に漬けたのがはじまりと言われており、今でも昔ながらの製法で1つひとつ手づくりで生産されています。

 この日、5年3組の給食では、配膳の時から子どもたちが興味深そうに糠漬けを眺めていました。独特の香りに最初は慣れない子どもたちも、おにぎりの具として食べやすく工夫したこともあり、楽しそうに食べていました。
 
 

 

●給食の様子です●

 

 
 
配膳係の子どもたちが「これがふぐの糠漬けなんやー」
と覗き込んでいました。
 
いつもの給食に出ないふぐの糠漬けに、
子どもたちも興味津々。
 
 
 
ごはんに包んで、おにぎりにして食べる工夫で、
香りも気にせず糠漬けの風味を味わうことができました
 
栄養教諭より、ふぐの糠漬けの歴史や製造工程
などの話があり、子どもたちは古くから伝わる伝統食に
対する理解を深めました。


 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
 




このページは役に立ちましたか。