本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページから料理教室などの食育活動の様子 (石川県白山市)

料理教室などの食育活動の様子 (石川県白山市)

 
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 
 
   
 白山市内で行われた料理教室など

  食育活動の様子をご覧ください。
 

 

 
 
 JA白山で農業体験&料理教室 
 
石川公民館で団塊の世代向けに料理教室  
 
 一ノ宮公民館で米粉料理教室
 
 

                 今後、順次、紹介していきたいと思っていますのでお楽しみにお待ちください。
                    
 

 
 JA白山で親子での農業体験&料理教室

   平成21年7月12日にJA白山主催による「親子農業体験&料理教室」が開催されました。
   
   参加者の親子45名は、市内農家のトマトハウスで新鮮なトマトの収穫を行い、JA旬菜市の直売所では見学と買いもの
   を楽しみました。
   そのあと、鶴来公民館に場所を移し、最初に地元酪農家の搾りたての牛乳を味わい、地元の野菜を使ったラタトゥイユ、
   イカときゅうりのサラダ、フルーツ白玉などを市食生活改善推進協議会の指導のもと料理して、昼食においしく味わいま
   した。
     
 
 
農家の方の話を聞きました。
 
 
「ぼく、届かないよう〜!」
 
 
新鮮なトマトを手に「いいでしょう!」
直売所では会話しながら買い物を楽しみました。全員でチーズ!
「また直売所に顔を出してね」
食生活改善推進員さんから説明を聞いて子どもたちが主役です!「お兄ちゃんだいじょうぶ〜?」



 
 
 石川公民館で団塊の世代向けに料理教室

   平成21年6月20日に石川公民館主催による「団塊の世代を対象にした料理教室」が開催されました。
   地元石川地区(ふれあい農園)で生産された野菜を使用し、カロリーを低めに抑えた健康メニューで行いました。
   参加者は悪戦苦闘しながらも、積極的に料理に取り組んでいました。
   そして、最後の出来上がりを見て笑顔に…食べて満足な様子でした。
     
 
 
講師である地産地消課職員
 
 
「まず、米を研ぎましょう!」
 
 
たまねぎの薄切りに涙腺が…。
 
 
みんな協力して出来上がりました。
 
 
そして、いただきます。「うまい!」
ご協力いただいた市食生活改善推進員の
皆さんです。「ありがとうございました」
  今日の献立は…

    ・アジの南蛮漬け     ・なすとえんどう豆の煮物
    ・じゃがいもの味噌汁   ・ツタンカーメン豆を用いた豆ごはん

        レシピはこちらをお開きください。 
Excel(181KB)
 
    
 

 
 一ノ宮公民館で米粉料理教室

    JA白山管内で採れた白山産野菜を使用した米粉料理教室大盛り上がり!
    米粉も野菜も水も白山のものを!!地産地消と食農教育!!!

  平成21年6月28日、JA白山管内にある白山市一ノ宮公民館にて“米粉料理教室”が開催されました。
  参加対象は、一ノ宮地区の地域の方で、4人1組でのグループの参加を呼びかけた。主催は、一宮公民館で、当日は
  16人(4グループ)と管内農家1名が参加しました。年齢層も様々で小学生2年生からお年寄りまでの参加がありました。
  講師には、金沢市住在の森田美美(もりたよしみ)先生で、県内各地で料理教室を開き料理工程を簡単なものに工夫
  してあるので初心者にもすぐ作れると定評のある先生です。
  地産地消を目的に一ノ宮公民館では、毎年料理教室がおこなわれており、去年は管内農家の牛乳を使い、手作りバタ
  ーやプリンを作りました。
  今年の料理メニューは、米粉ピザ・卵不使用の米粉蒸しパン・米粉チーズスフレの3品を作りました。
  野菜・牛乳はすべて、JA白山管内で採れた白山産を使用。ピザ生地に使う水も“白山新水”を使う徹底振りでした。
  (バジルなどはJA白山直売所「旬菜市」で購入し、それ以外のトマトやブロッコリー・なすは管内農家のものを使用。)
  各グループ蒸しパン4つ・スフレ1ホール・ピザ2枚を作りました。
  米粉は、米心石川の商品「米粉」を100%使用しました。(石川県内の米を使用した米粉)
  料理開始前には、農林水産省 北陸農政局の職員2名による、米粉の説明がありました。
  (米粉の種類や、食糧自給率の低下、米粉パンや米粉麺の開発が進んでいる事など)
  参加者の中には、「米粉を近所から貰ったので、色々なレシピ・使い方を学びたいから参加した。」と話す40代の主婦も。
  小麦粉との違いは何ですか?など質問が飛び交い、地元産野菜をいっぱいのせたピザを前に「わ〜おいしそうやね。」
  と歓声が上がっていました。
  試食では、子ども達はあっという間にピザや、蒸しパンを食べ「2枚目まだ焼けないの〜?」と催促するくらいで、米粉と
  野菜に抵抗は全くないようでした。
  森田先生は、「お米は、日本人誰もが好む味。年代によって好みが違うので、柔らかさや味の濃さなどもっと意見を聞い
  て、改良してみたい。」と話していました。
  参加した主婦は、「普通のケーキや蒸しパンよりも、お腹いっぱいになるんやね。腹持ちを考えると、朝ごはんにもいいか
  もしれんね。」と主婦ならではの感想も述べていました。
     
 
 
笑い声があった料理教室の様子
 
 
米粉ピザのトッピッング中です。
 
 
米粉蒸しパンが出来上がりました。
 
 
みんなでいただきます。「おいしい!」
 
 
 



 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
  
 

このページは役に立ちましたか。