本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から食にまつわることわざ集 (石川県白山市)

食にまつわることわざ集 (石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
   「食」にまつわる こ・と・わ・ざ…    食のことわざは??
 

 
 
  おばあちゃんと楽しむ子どもの絵
  日常生活にすっかり浸透している「ことわざ」は、たくさんの人々の経験や

 知識の中から 生まれました。多種多様な「ことわざ」の中から、食にまつわる 

 「ことわざ」にしぼって紹介します。

   「ことわざ」を通じて「食」を今一度、見つめなおしてもらえればと思います。

 
あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   やゆよ行   その他
 

 
 
 
 あ行
 
青菜(アオナ)に塩青菜に塩をふると、水分が出てしおれるようす。元気がなく、しょげていることのたとえ。
秋茄子(アキナス)は嫁に食わすな茄子は体を冷やすので、食べ過ぎるのは体に良くないという嫁をいたわる言葉。
あつものに懲りてなますを吹く
熱いお吸い物を吸って、口の中を火傷した人は、冷たいなますを見ても吹いて冷まそう
とすること。前の失敗に懲りて余計な用心をするたとえ。
朝茶は七里帰っ
ても飲め
朝茶を忘れて旅立ったら、たとえ七里の道を戻ってでも飲んだ方が良い。朝茶を飲め
ば、その日の災難よけになるからだ。
小豆と女のしょっぱいのには手がつかぬアズキは甘く煮たものでなければうまくないし、女は勘定高いと嫌われる。
甘いもにアリがつくアリが甘いものに群をなして寄り集まって来るかのように、人は権利やうまい話を聞くと集まって来る。
(アワ)とも(ヒエ)とも知らずアワとヒエの違いも分からないような、何の苦労もない高貴な生活をいうたとえ。 
生け簀(イケス)の生け簀で飼われ拘束されて、自由にならない身のたとえ。転じて遅かれ早かれ死ぬ運命の決まっていることのたとえ。
イワシ七度洗えばタイの味イワシも不要な油脂を落とせば、タイに勝てるとも劣らない味があるという意味。 
雨後春(ウゴシュンジュン)雨が降った後に、沢山タケノコが生え出るようす。増えるのが速く、勢いが盛んなたとえ。
うどの大木うどの茎は弱くて何の役にもたたない。大きくても弱くても役立たないもののたとえ。
(ウオ)心あれば水心先方が好意を寄せてくれれば、これらも自然に同じ感情を抱くようになる。相手の出方次第でこちらにも対応の仕方があるという意味。
海老(エビ)で(タイ)をつる海老のような小さな餌で、鯛のような立派で大きな魚を釣ること。少しの手元で大きな利益を上げるたとえ。
沖のハマチハマチは漁が難しく、必ず捕れるとは限らない。あてにならないことのたとえ。
鬼も十八、番茶もでばな 鬼のように器量の悪い娘でも18歳位になると、女らしさがでてくる。あまり良くない番茶でも、熱湯を注ぎ手早く煎じて熱いうちに飲めば美味しいもの。ものごとにはタイミングがあり、タイミングを良くすればうまく行くという意味。
尾ひれをつける魚の尾とひれは数が決まっているのに、さらに尾とひれをつけてしまうということ。実際にはありえないことなどを大げさに話すことのたとえ。 
 
 
 
 か行
 
充飢(ガベイジュウキ)絵に描かれた餅で飢えをしのごうとするようす。空想や想いで自分をいましめようとすること。または、現実逃避をするさま。
寒鰤・寒鯔・寒鰈
(カンブリ、カンボラ、カンガレイ)
鰤・鯔・鰈は、寒の時期が旬で一番美味しいという意味。
食(ギュウインバショク)牛や馬のように、よく飲み食べること。
懸甘餌(ギョケイカイジ)警戒心の強い魚でも、美味しい餌をつけると簡単に釣れてしまうようす。甘い誘いに注意しないと、失敗してしまうことのたとえ。
網鴻離(ギョモウコウリ)魚を捕る網に大きい鳥がかかる。求めているものが得られず、別のものが得られることのたとえ。
腐っても(タイ)有能な人やものは、多少衰えても十分に役に立つという意味。
玄関で茶づけ玄関で茶づけを食べて、すぐでかける程、忙しいということをいう。
コンニャクは体の砂払いこんにゃくを食べると、身体の中に溜まっている砂を取ってくれるということ。 
コンニャクのうらおもてどちらとも区別のはっきりしないことのたとえ。 
 
 
 
 さ行
 
は殿様にもちは乞食に焼かせろ食べ物の焼き方。魚は何度も裏返すと、身がくずれ見た目も落ちてしまうので、殿様のように何もかまわずに焼くほうが良い。もちは焦げやすいので、乞食のようにせっかちで何度も裏返しをする方が良いということ。
をもってハエを追う魚をふりまわしてハエを追い払おうとしても無駄、魚の匂いでますます集まってくる。手段や方法を間違えれば、逆効果をまねくということ。
砂糖食いの若死美味しい物ばかり食べていると、体に良くないといういましめの言葉。
山椒は小粒でもぴりりと辛い山椒の実は、小さいけどすごく辛い」ということから、身体は小さくても元気がよく才能にすぐれていれば、馬鹿にすることはできないということ。
三里四方の野菜を食べろ三里四方(約12キロメートル以内)でとれた野菜を食べていれば、健康で長生きができるという意味。
サザエの拳、白魚の手男性のサザエのようにたくましい拳と、女性の白魚のように美しい指をたとえていう。
秋刀魚(サンマ)がでるとあんまが引っ込む晩秋は健康な季節で、病人が少ないことをいう。 
渋柿の長持ち
甘い柿はくずれやすく、渋柿は長持ちする。無用の者の長生きするのをいう。
白豆腐の拍子木
役にたたないことをいう。
生姜(ショウガ)は田植え歌を聞いて芽を出すショウガは、5月に芽を出す。 
 
 
 
た行
 
も一人はうまからず豪華な食事でも1人で食べるのは美味しくないという意味。食事の雰囲気は大事であることのたとえ。
大根役者大根は消化がよいから、めったにあたらない。転じて当たり芸のないヘボ役者のことをいう。役者に限らず、無能な人間を「大根」という。
たこのあら汁あるはずのないことをたとえていう。「あら」は魚の骨やひれなど。
(タラ)腹食うタラは大変な大食漢で自分の子供まで食べると言われるほど。腹一杯貧欲に飲み食いすることをいう。
冬至かぼちゃに年とらせるな冬至にかぼちゃを食べると、風邪をひかず、しもやけにもなりずらいということ。また、かぼちゃの保存は、冬至までが良いということ。
豆腐にかすがい 柔らかい豆腐にかすがい(大きな釘)を打ってもきかない。無駄なことのたとえ。「糠に釘」と同じ意味。
豆腐は煮ればしまる人は、困難なことに直面して苦労すると人間が練れると言うこと。 
 
 
 
 な行
 
納豆もなら、豆腐姿かたちは違っていても、もとは同じという意味。「納豆」も「豆腐」も、原料は同じ大豆から出発している。
猫の手に猫の手に餅がくっついたように、始末に終えない様。不器用なことのたとえに使う。
のど元過ぎれば口の中には味覚を判断する神経があるが、のどを過ぎてしまえばタイもイワシも同じこと。
 
 
 
 は行
 
花より団子花を眺めて詩や俳句などを作るより、花見団子を食べる方が良いということ。風流のわからないこと
のたとえ。名声や名誉よりも実益を選ぶときのたとえ。
冷や飯を食わせる冷たい態度であしらうようす。
風呂桶で大根を洗う物事がゆるゆるしていることのたとえとして使うことわざ。 
は食いたし命は惜しし美味しいふぐを食べたいが、毒が怖いという気持ちを表したもの。良い部分と悪い部分の両方があり、迷うときの様子。
へそでを沸かすおもしろすぎて、大笑いをする様子。
 
 
 
 ま行
 
を煮るのに豆がらをたく豆を煮る燃料に豆がらを使うこと。仲間同士が傷つけ会うこと、兄弟同士が互いに害し合うことのたとえ。
丸い玉子も切りようで四角ものはいいようであるということ。この後に「物もいいようで角が立つ」と続く。
味噌が腐る調子外れの歌声や歌う時の悪声をあざけって言うたとえ。「糠味噌が腐る」も同じ。
味噌汁は不老長寿のくすりレシチン、リノール酸、ビタミンEの三巨頭で血管や脳細胞、体細胞の老化を予防する作用がある。
味噌も七年たてば土になる使い惜しみもほどほどにしないと、せっかくの節約もむだとなり、逆に大損してしまう。けちん坊へのいましめ。
味噌の味噌臭きは食われず成熟しきってない味噌ほど食べられないものはない。むやみに自分の知識を出す人は、未熟だというたとえ。
みかんが黄色くなると
医者青くなる
みかんの黄色くなる時期は、季節的にしのぎやすくなり、体調・健康が保たれ医者にかかる人が減るという意味。
麦めし炊くような人ろまで、ぼやぼやしている者をいう。
桃栗三年八年桃と栗は芽生えてから三年、柿は八年で実を結ぶという意味。ある時期がこないと実は得られないということのたとえ。
は餅屋物事にはそれぞれ専門家があるということ。
 
 
 
 や ゆ よ行
 
焼き餅やくとて手を焼くな嫉妬のために実を誤らぬようにほどほどにせよということ。
夢に牡丹思わぬ喜び事が急にやってくること。
よくなる時は土も味噌
悪くなる時は味噌も土
強運でとんとん拍子によいことが続く状態と反対に、落ち目になった時の状態をいう。
 
 
 
 その他
 
さしすせそ料理の時に使用する調味料の入れる順番(主に煮物に使われる)
    さ:砂糖 し:塩 す:酢 せ:しょうゆ そ:味噌
強火の遠火で炎を立てず魚を焼くときの基本。強火で魚の表面に早く火を通し、遠火で肉の内部を乾かさず旨味を逃がさないようにする。炎を立てないのは、必要以上に焦がさないため。
夏は熱いものが腹の薬暑い時は冷たいものが欲しくなるが、冷たいもの(氷・ジュースなど)をとり過ぎると、食事が食べられなくなってしまう。
暑くても温かいものをしっかり食べ、体調を整えることが大切といういましめのことわざ。
初めちょろちょろ、中ぱっぱ、赤子泣いてもふた取るな釜でのお米の炊き方。(火加減)初めは弱火でだんだんと強火にして行く。どのようなことがあっても、ふたをとってはいけない。 
 

(白山市農村漁村女性活動推進協議会作成資料より)



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。