本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から健恋う会 氷室の節句 (石川県白山市)

健恋う会 氷室の節句 (石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

 

 
 
   
 

 健恋う会・氷室の節句

  白山市食生活改善推進協議会



 

 
 平成23年6月25日(土曜日)の午前10時半から鶴来保健センター
 で白山市食生活改善推進協議会による「健恋う会・氷室の節句」が
 開催されました。

 今、暮らしの中で見直されはじめた伝承行事について、昔の生活の
 知恵や古き良きものにふれ、今の生活を見つめ直す機会として、今
 回は「氷室の節句・ままごとご膳」について学びました。

  健恋う会の様子

主催者を代表して
塚原会長さんがごあいさつ
 
「氷室の節句と・ままごと遊びに触れる」と題して話す久保会員
大正琴で「わらべ歌や童謡」を
演奏する田中さん

 
最後には、「氷室のままごとご膳」を味わいました!
これまでの健恋う会の流れも
展示されていました。
 

 


 
  「氷室のままごとご膳」のメニュー
 

 
 
   ちらしずし  (6人分)



 
材料作り方
・米
・酒
・すし酢
・米酢
○ ・人参
  ・干瓢
  ・砂糖
  ・醤油
  ・みりん 
○ ・卵
  ・だし汁
  ・塩
○ ・干し椎茸
・砂糖
・醤油
・酒
・インゲン
・白胡麻、紅ショウガ、
刻み海苔
2合
20cc
32cc
7cc
60g
15g
大さじ1
大さじ1
大さじ1/2
1個
小さじ2
少々
3枚
大さじ2
大さじ2
大さじ2
30g

1 酒を合わせた分量の水で米を炊き、炊きあがったら合わせ
  酢(すし酢と米酢)を混ぜます。

2 水につけた干瓢を塩でよくもんで洗い、5mm程に切って千
  切りの人参と煮ます。

3 酢飯に干瓢と人参の煮たものをさっくりと混ぜておきます。

4 飾りの具を作ります。卵にだし汁と塩を加えて薄く焼き、細く
  千切りします。
  椎茸は細切りにして調味料で煮ます。
  インゲンは塩ゆでして細切りにします。

5 寿司を盛り付けて胡麻をふり、卵・椎茸・インゲン・紅ショウ
  ガ・海苔を飾ります。

※ 干し椎茸のもどし汁はだし汁と一緒に煮物などに利用します 
 


 
          吸い物  (6人分)



  
 
材料作り方
・ふかし
だし汁

醤油

三つ葉
1枚
800cc
大さじ1
大さじ12
小さじ1
適宜
1 だし汁を入れた鍋を火にかけ調味料で味付けます。

2 食べ易く切ったふかしを入れてひと煮立ちさせます。

3 器に切った三つ葉を入れておき、熱い汁をそそぎます。
 


 
         煮 物  (6人分)



 
   
材料作り方
◇油揚げ
  ・砂糖  
  ・醤油  
  ・みりん
◇人参  
  ・砂糖  
  ・醤油
  ・みりん
  ・塩
◇シメジ
  ・砂糖
  ・醤油
みりん
だし汁
1枚
大さじ1
大さじ1強
小さじ1
200g
大さじ1
小さじ1
小さじ1
小さじ1/2
100g
小さじ1/2
小さじ1
小さじ1
1 油揚げは熱湯をくぐらせ油抜きをしてから調味料で煮ます。 
 

2 人参は皮をむき大き目に切って、だしで軟らかく煮てから
  調
味料を加えて煮ます。

3 しめじは石突きをとって調味料で煮ます。


4 火を止めた後も煮汁につけて味を馴染ませます。


5 それぞれ別々に煮て、盛り合わせます。
 


 
       茶巾絞り  (12個分)



   
材料作り方
・ジャガイモ
・砂糖
・塩
・食紅
・抹茶
中2個
大さじ2と1/2
少々

1 ジャガイモは皮のまま洗って茹で、皮をむいて塩をふり、粉ふき
  芋にします。

2 温かいうちに砂糖を加え、よく混ぜながらつぶします。
3 粗熱がとれたら半分に分けて、一方には食紅を混ぜて、ぬれふ
  きんで茶巾にしぼります。

4 残りも丸めて抹茶を振ります。


 
          三 種 盛    


 
 
材料作り方
◇胡麻和え
 ・小松菜
 ・
すり胡麻
 ・
醤油
 ・
砂糖
◇お浸し
 ・小松菜
 ・
切干大根
 ・
醤油
◇胡瓜もみ
・胡瓜
 ・生姜
 ・酢
 ・砂糖
 ・醤油
 ・だし汁

120g
小さじ2
小さじ1
小さじ1

120g
6g
小さじ2/3

1本
1かけ
大さじ1と12
大さじ1
小さじ1/4
大さじ1
茹でた小松菜の水気をきって醤油少々をふり、すのこに巻いて
  もう一度水気を絞ります。
  2〜3cmの食べ易い長さにきっておきます。


すり胡麻に醤油と砂糖を良く混ぜて、小松菜の半把ほどに和えて
  胡麻和えを作ります。


熱湯にくぐらせてもどした切干大根の水気をしっかりときり、残りの
  小松菜と和えて醤油で味つけてお浸しにします。


4 胡瓜は薄切りにして塩もみして、針生姜と酢・砂糖・醤油・だし汁の
  合わせ酢で和えます。
 


 (「健恋う会 氷室の節句」の資料より)
 

 
      
 

主催 : 白山市食生活改善推進協議会


      
 
 

 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

   
このページは役に立ちましたか。