本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から「健恋う会とともに」~白山市食生活改善推進協議会(石川県白山市)

「健恋う会とともに」~白山市食生活改善推進協議会(石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 
 

 

健恋う会とともに


                                

 
今、忘れつつある先人の知恵である「伝統食・行事食や旬な食材」を見直しませんか?

 
  白山市の食育推進にご協力していただいる白山市食生活改善推進

  協議会では、
平成24年4月に記念誌「健恋う会とともに」を発行されま

  した。

  その記念誌の中から現代社会で忘れつつある伝統食、行事食や旬

  な食材などを紹介した「〜節目の行事に学ぶ〜健恋う会」の開催の

  様子を抜粋して、ホームページに掲載しました。              
 

 

         1 〜節目の行事に学ぶ〜「健恋う会」をふりかえり今、思う  

  
         2 これまでの「健恋う会」の開催の様子


         3 五節句と行事食の云われ  
                


 
 
   
〜節目の行事に学ぶ会〜「健恋う会」をふりかえり今、想う 

                   白山市食生活改善推進協議会 会長 塚原 幸子

 
 


 ☆「健恋う会」の誕生について

    平成15年旧松任市で「心と体の健康づくり」について検討を始めた。
    現代社会では伝統行事をしている家庭も少なくなっており、心の健康は文化を掘り下げていく
  ことが必要であり、昔の知恵や先人の知恵を伝統行事から学ぶことが出来ることから「伝統食・
  行事食(旬な食材)」を食べて健康を願う行事を行うこととなりました。
   そして、地域の中で実施できる団体として、松任市食生活改善推進協議会の名があがり、行政
  と一緒に実施することとなったのがきっかけでした。

 ☆「健恋う会」の名前について

    「“自分が健康でありたい 元気であろう”という強い意志を自ら持ちましょう」という願いが込め
  られており、市民の主体的な健康を恋う気持ちから来ています。

 ☆「健恋う会」の目的について

   市民一人ひとりが、自ら健康的な生活習慣を実践し、健康で文化的な生きがいのある生活が
  出来ることが現代社会には必要です。
   普段の生活の中で、自然や伝統、文化、歴史などに触れ、ゆっくり、ゆったりすることも心と体
  の健康に必要なのではないでしょうか。
   今、暮らしの中で忘れられようとしている伝統の食文化や昔の生活の知恵や古き良きものに
  触れ、健康増進に取り組むためのきっかけづくりとなることを目的としています。

 ☆五節句について


   日本では、昔から様々な年中行事が行われてきましたが、江戸幕府はその中から特に重要な
  節句を選び「五節句」としました。
   1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)で、それぞ
  れ「七草の節句」「桃の節句」「菖蒲の節句」「七夕の節句」そして「菊の節句」とも言われ、明治に
  入って制度としては廃止されましたが、現在でも年中行事として行われている地域もあります。
   なお、昔は「節句」の日は、村全体が農作業を休みとし、心事を行う習慣があり、この日に忙し
  そうに田畑に出て働く者は、普段怠けているものとして「怠け者節句働き」と言われたそうです。
  

 
 
   
〜節目の行事に学ぶ会〜「健恋う会」の開催の様子
                   
 
 

 
第1回 七草粥で健恋う会 〈平成16110日 松任ふるさと館〉

 〔おしながき〕
   七草粥、ふろふき大根、二塚からし、菜即席漬け、
   二塚からしなギョーザ、ごぼうとかいぼしの煮物、
   手作りすはま

 〔想い出‥ 〕
   初めての行事と言うこともあって、会員は期待と
   不安の中、緊張して頑張りました。


    
 
第2回 端午の節句と健恋う会 〈平成1665日 松任ふるさと館〉
 

  〔おしながき〕  粽(ちまき)、きな粉、手作りフキ菓子

   〔想い出‥ 〕 会員さんが何千枚もの笹採りに出かけて大変だったことが今は懐かしいです。

 
第3回 重陽の節句と健恋う会 〈平成1694日 松任ふるさと館〉


  〔おしながき〕  菊花ちらし、麦かん、菊酒

 
第4回 七草粥で健恋う会 〈平成1718日 松任ふるさと館〉
 
  〔おしながき〕
    七草粥、ふろふき大根、大根なます、
    ごぼうとかい、ぼしの煮物、てんばおくもじ、
    きび入りおはぎ

   〔想い出‥ 〕
    石川地区できびを栽培していることと聞き、
    初めて使用してみました。

    平成1721日、125村の合併による白山市誕生で第5回以降は、
    白山市食生活改善推進協議会と白山市との連携事業として継続実施。
  

 
第5回 七夕の節句と健恋う会 〈平成1772日 松任ふるさと館〉

 

  〔おしながき〕
    麦縄、茄子そうめん、いろいろ寒天
     (かぼちゃ、ミルク、金時草)

  〔想い出‥ 〕
    そうめんのルーツを調べ、小麦粉を練り油で
    揚げたお菓子麦縄を作ったことがとても印象
    的でした。


 
第6回 上巳の節句と健恋う会 〈平成1834日 松任ふるさと館〉

  〔おしながき〕  菜の花寿司、ふきのとう味噌和え、はまぐりの潮汁、三色団子菱餅

  〔想い出‥ 〕  菱餅なのに丸くなってしまったりと作業が大変でした。
    
 
第7回 七夕の節句と健恋う会 〈平成1878日 松任ふるさと館〉
  
  〔おしながき〕  麦縄、茄子そうめん、金時草の白和え、金時草寒天、ミルク寒天

  〔想い出‥ 〕  前回の反省を生かし、食べる時に合わせてそうめんの茹でる時間を
            調整することが出来ました。
 
   
 
第8回 上巳の節句と健恋う会 〈平成1933日 横町うらら館〉
  
  〔おしながき〕  ちらし寿司、菜の花のすまし汁、ぜんまいの煮物、丸芋のとろろ、
            ひなあられ(はぜ)

  〔想い出‥ 〕  松任地域を離れて初めて鶴来地域で開催し、地域性が随所に
            見られてとても嬉しかったことを思い出します。
 
   
 
第9回 七草粥で健恋う会 〈平成20112日 石川ルーツ交流館〉
  
  〔おしながき〕  七草粥、治部煮、黒豆、たたきごぼう、田作り、源平なます、えびす、
            きんとん、大根寿司

  〔想い出‥ 〕  「やっと美川地域で開催できる!」と会員の喜びと意気込みが強く伝わって
            来た健恋う会でした。
 


     第10回からは行政主催から白山市食生活改善推進協議会が主催となり、
   「健恋う会」が名実ともに私達の行事となりました。
   会費は従来通り1300円とし、年1回(松任と他地域と交互開催)と
   することとして現在まで継続されています。


 
10回 重陽の節句と健恋う会 〈平成2096日 松任ふるさと館〉

  〔おしながき〕  栗ご飯、黄菊と小松菜のお浸し、月見だんご、青じそジュース、梨、枝豆

  〔想い出‥ 〕  各支部ごとにメニューを担当するなど、白山市食改が一つになっていくのを
            感じた会でした。
   
 
11回 端午の節句と健恋う会 〈平成2166日 白峰地域交流センター〉
  
  〔おしながき〕  草団子、きび団子、山菜おこわ、かたはのきんぴら、あざみと打ち豆の味噌汁
            くるみ寒天

  〔想い出‥ 〕  地域の会員が調理を担当し、山ろくの恵みにあふれた料理でした。

      これまで、五節句を各2回程度開催して来たことから、五節句以外の
    行事食に取り組んでみてはどうかと、「最近、お食い初めってあまり
    聞かないわね。」との意見から、次回の内容を決定しました。
   
 
12回 健恋う会・お食い初め 〈平成2265日 松任ふるさと館〉 詳しくはこちら
  

  〔おしながき〕  赤飯、汁物、きゅうりの酢の物、さわらの照り焼き、 炊き合わせ

  〔想い出‥ 〕  美川地域の会員の方から歯固めに小石を汁物に入れたとの話を聞き、汁物に
            入れるとともに、歯固めの石と大皿の鯛を床の間に飾りました。
   
 
13回 健恋う会・ままごとの日 〈平成23625日 つるぎ保健センター〉 詳しくはこちら
  
 

  〔おしながき〕  ちらし寿司、吸い物、煮物、じゃがいもの茶巾絞り、三種盛り       

  〔想い出‥ 〕  この行事は旧石川郡の農家の女の子たちの間で受け継がれた行事で、調べる
            と白山市の他地域でもそれぞれ違いがあり、鶴来では「おじゃんこまつり」とも言
            われ地域性を感じました。

     再び五節句を取り入れて実施したいとの声があり、平成24年度は五節句
の行事に戻す予定です。
   ただ、今年度は日本食生活改善協議会全国大会がここ石川県で開催される
   ことから、開催時期が限定されるなどの縛りはありますが、会員一同力を
   合わせて実施したいと思います。
   
 
14回 端午の節句と健恋う会 〈平成2462日予定 松任ふるさと館〉
  
                                          お楽しみにしていてください。

   私は第2回から携り、この事業の意義や素晴らしさを実感していたことから、旧松任市から
  白山市になってもどうしても継続したい事業でした。
   平成19年度に白山市食生活改善推進協議会の会長という大役を任された後も、その気持
  ちに変わりはありませんでした。
   継続していくことの難しさと大切さを実感している今日この頃ですが、これからも会員皆様の
  ご理解とご協力で、この「健恋う会」を通して、日本の食文化の原点である行事食を掘り下げ
  ながら母から子へ伝えて行きたいと願っております。


             
                                 白山市食生活改善推進協議会発行「健恋う会とともに」より抜粋 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 
 

このページは役に立ちましたか。