本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から春の風物詩「スベリ漁」が始まりました(石川県白山市)

春の風物詩「スベリ漁」が始まりました(石川県白山市)

お問い合わせ
部署名: 地産地消課電話番号: 076-274-9522FAX番号: 076-274-4177E-mail: chisanchisyou@city.hakusan.lg.jp
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

 
 
  
手取川 春の風物詩
「スベリ漁」
が始まりました
 

 

 
 5月1日、美川地域の手取川河口では、シロウオ(イサザ)を採る伝統の『スベリ漁』が本格化し、この日は、手取川イサザ会(北村外志明 会長)の会員7名が漁を行いました。

 美川地域ではシロウオを「スベリ」と呼んでいます。生きたまま酢醤油に付けて食す「躍り食い」をはじめ、卵とじやお吸いものなどに料理される『春の珍味』として地元の料理屋はもとより、5月中旬に行われる「おかえり祭り」のおもてなし料理として振舞われます。

 この日は、午後から漁獲量が増加し、漁師の皆さんは忙しそうに漁を行っていました。手取川イサザ会の桶副会長によると、たくさんの漁獲が見込める気候は、気温が23〜25度程度で天候も良く、また水が澄んでいる日が適しているそうです。

 「スベリ漁」は、4月1日に解禁となり5月末まで続けられます。ほとんどは自家消費ですが、地元の料理店などに卸されるほか、近隣の市場にも出荷されます。 
 

 

 


◆「どのように採っているの??」漁の様子です◆
 
 
 
四つ手網を並べて水面下に仕掛け、入ってくる
「スベリ」を待ちます。
 
仕掛けてから約5分後、網をゆっくりと引き上げます。
 

 
 
網底をトントンとザルを改造した「タモ」で叩き、すくい
集められます。
 
透き通った「スベリ」が姿を現しました。
 




▽ スベリ漁に関するお問い合わせ先 ▽

   手取川イサザ会 副会長 桶  渡 (美川末広町)  電話 076−278−5208

 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

 
  
このページは役に立ちましたか。