本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から産直生産者部会総会が開催されました!(石川県白山市)

産直生産者部会総会が開催されました!(石川県白山市)

 
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
 
「新鮮・安全・安心・割安」



合言葉に!
 
 


  平成23年2月22日(火)に、市民交流センター5階大会議室において、JAグリーン松任産直生産者
 部会総会が開催されました。
 
  総会には、100人を超える生産者が参加し、売上実績報告や産直部会新執行部の選任、意見交換
 等が行われました。また、石川農林総合事務所の金森技師より農薬の適正使用の説明があり、生産
 は熱心に話を聞いていました。
 
  「まいどさん市場」は、「新鮮・安全・安心・割安」が消費者の支持を受けて地域に定着し、年間34万
 人ものお客さんが訪れ、売り上げも年々増加しています。

  しかし、これからは農産物直売所も厳しい競争の時代に入っていくことが予想され、今まで以上に「 
 新鮮・安全・安心・割安」な商品の提供を継続していくことが重要であると話し合われました。

 
 

 

 
○総会の様子です

 
 
 部会から農協に対して、お客さんに農薬の説明などをする職員の店内への配置や売れ残った野菜の加工品への活用についての要望がありました。
 
 あいさつで竹山組合長は、「まいどさん市場」が全国に誇れる直売所になったことを生産者に感謝し、より一層の売り上げ増加には加工品への取り組みが重要になると話していました。
 

 
 農薬の使用について、農薬が栽培作物に適しているかどうかを使用する前にきちんと確認することが大切だと話していました。
 
 店舗側は、安全点検の更なる強化や季節商品・定番商品の充実、生産者の増加に取り組んでいきたいと話していました。
 

 
 
 平田新会長は、せっかくお客さんに来てもらっても、時間帯によっては品切れになっていることがあるので、生産者皆で協力し、常に品揃えを充実させていきたいと話していました。
 

 

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。