本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から~初夏の味覚~美川しらすの水揚げが始まりました(石川県白山市)

~初夏の味覚~美川しらすの水揚げが始まりました(石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 
 
  ~初夏の味覚~
 「美川しらす」
平成26年 水揚げが始まりました!

 



 
 平成26年5月29日、市内美川漁港で「美川しらす」の水揚げ作業が行われ、石川県漁協美川支所の組合員の皆さんが釜ゆでや天日干し作業を行いました。

 しらす漁は、5月28日から漁を開始し、しらす漁用の網を積んだ漁船が早朝より白山市沖で操業。今年は、昨年と比べると天候により操業は10日ほど遅く、初日は約120kgのしらすが水揚げされました。水揚げされたしらすは、漁港内で釜ゆでされ、天日干しされました。近くの直売所では、車で通りかかった親子連れや、近所の住民が初夏の味覚を味わうため、出来たての新鮮なしらすを買い求めていました。

 しらす漁は、平成20年から試験操業、平成23年より本操業を開始しました。手取川から流れこむ美川漁港周辺の海はミネラルが豊富で、稚魚の成育に向いており絶好の漁場になっています。県漁協美川支所によると、「今季のしらすは小ぶりで歯ざわりもよく、身も締まっていて、美味しいので是非ご賞味ください。」ということです。漁は6月下旬頃まで行われます。
 
 初夏の新しい白山・美川の味、『美川しらす』は美川漁港前の直売所で販売しています。
 

 
 

 
■ ~無添加天日干し~「美川しらす」が出来るまでの作業工程を見学してきました。

 
 
① 美川漁港前の作業場兼直売所です。この日は、11時30分ごろに、水揚げされたばかりの生しらすが運びこまれました。    
 最初は、運び込まれたばかりの新鮮な生しらすを、秤に乗せ計測。
② 生しらすを釜揚げ用の八角形の網へ均一に並べます。③ しらすを並べた網を、一度に8枚も茹でられる釜に入れて2分間待ちます
④ 茹であがった「しらす」を干す前に一度湯切りを行い扇風機で冷まします。
  この時には、白く茹であがった「しらす」から何とも言われない食欲を誘う匂いが作業部屋いっぱいに・・・。
⑤ 少し冷ました後、外の天日干しの台へ持っていき、降りそそぐ太陽と、日本海からの心地よい風のもと2時間~3時間
 ほど天日干します。
⑥ 天日干しされ出来上がった真っ白な『美川しらす』は丁寧に100gパックと500g箱に詰められて販売されます。
 

 
【『美川しらす』に関するお問い合わせ】

 石川県漁業協同組合 美川支所 (電話 076−278−2144)
 

 

 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

                                         
このページは役に立ちましたか。