本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から美川しらすの水揚げが始まりました(石川県白山市)

美川しらすの水揚げが始まりました(石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 



 
 
初夏の味覚

「美川しらす」

平成25年 水揚げが
始まりました!




 
 平成25年5月17日、市内美川漁港で「美川しらす」水揚げ作業が行われ石川県漁協美川支所の組合員の皆さんが釜ゆでや天日干し作業を行いました。

 しらす漁は、5月16日から漁を開始し、しらす漁用の網を積んだ漁船が早朝より白山市沖で操業。初日は大漁で約700kgのしらすが水揚げされました。水揚げされたしらすは、漁港内で釜ゆでされ、天日干しされました。近くの直売所では、車で通りかかった親子連れや、近所の住民が初夏の味覚を味わうため、出来たての新鮮なしらすを買い求めていました。

 しらす漁は、平成20年から試験操業、平成23年より本操業を開始しました。手取川から流れこむ美川漁港周辺の海はミネラルが豊富で、稚魚の成育に向いており絶好の漁場になっています。県漁協美川支所によると、「今季のしらすは小ぶりで歯ざわりもよく、身も締まっていて、美味しいので是非ご賞味ください。」ということです。漁は6月下旬頃まで行われます。
 
 初夏の新しい白山・美川の味、『美川しらす』は美川漁港前の直売所で販売しています。
 

 
 

 
■ 作業の様子です

 
 
美川漁港前の作業場兼直売所です。ここで、水揚げされたばかりの生しらすの釜ゆで作業が行われていました。
釜ゆでされたしらすは、網張りされた干台に移され丁寧に広げます。作業台の『しらす』からは美味しそうな香りが漂っています。
 

 
降りそそぐ太陽と、日本海からの心地よい風のもと天日干しされます。最盛期には、漁港前のほか日本海に近接する干し場でも天日干し作業が行われます。出来上がった真っ白な『美川しらす』は丁寧に100gずつパック詰めされ販売されます
 

 

 

 
【『美川しらす』に関するお問い合わせ】

 石川県漁業協同組合 美川支所 (電話 076−278−2144)
 

 

 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

                                         
このページは役に立ちましたか。