本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から伝燈寺里芋試食会

伝燈寺里芋試食会

 
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク


 
   
 
で ん ど う じ さ と い も
伝燈寺里芋

きめが細かくねっとりとした食感で甘みも強い!


 伝燈寺里芋の試食会が開催されました。

○日時    平成21年11月6日(金曜日)
○会場    農業総合研究センター「ふれあいの家」
○参加    栽培農家(白山市上安田町、金沢市伝燈寺、津幡町岩崎の各地区農家)
○目的   地域特産農産物発掘育成として伝燈寺里芋の普及啓発を目的に青果卸売業者など
 を招待し、試食や生産者ととも交流を通じて販路開拓の足掛かりとするために初めて
    開催された。 
○主催    農業総合研究センター

○伝燈寺里芋とは?
  約200〜300年前、関西から来た僧侶が伝燈寺広めたのが栽培の始まりとされる。
  現在は県内では3地区で栽培されているが、収穫量が少なく市場に出回らないのが現状である。

 ■試食会の模様

       白山市上安田町で伝燈寺里芋を栽培している森さんを中心にお伝えします。

       なお、上安田町では平成18年に森さんを中心に数人の農家で保存会をつくりました。
       その後の取り組みの成果により、これまで難点とされていた種芋の保存や出芽の安定に
       成功し、さらなら面積拡大へ頑張っています。
忍久保 農業総合研究センター長のあいさつから始まり‥自己紹介での白山市の森さんご夫婦
各地区の伝燈寺里芋が並べられての試食会白山市の森さんの伝燈寺里芋です。
伝燈寺里芋を使った料理を説明する森さん今後の活動について話し合う生産農家の皆さん


 ■伝燈寺里芋を使った料理の紹介

               各農家の皆さんの自信作の料理が並べられました。
伝燈寺里芋の煮物(報恩講料理)伝燈寺里芋のマッシュ梅肉和え
伝燈寺里芋のあずき煮伝燈寺里芋のコロッケ

 
  
 

 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。