本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山なすの出荷が最盛期です (石川県白山市)

白山なすの出荷が最盛期です (石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
つやの良い白山な食卓にどうぞ 

 

 

 
  
 
白山なすの出荷が最盛期を迎えています

 


なすの出荷期間は長く、7月~10月中旬までですが、
出荷量のピークは8月上旬からお盆ころとのことで、
取材に伺った8月7日は、今年最多の数量とのことでした。
出荷量のピークを過ぎても、秋なすはおいしさが増すので、
出荷時期の終わりまで楽しみたいですね。

現在、JA白山のなす部会には7件の生産者の方がいて、
白山なすの作付面積は57a、昨年度の出荷量は20.6tでした。


 
  
 ● 出荷作業の様子をどうぞご覧ください!(平成29年8月7日撮影)

 
早朝から収穫を行い、選果作業を行います
4:30から収穫作業を行う生産者の方もいらっしゃいます
サイズで選別し・・
磨いて・・
ツヤのないものや少しでも傷があるものは
厳しくチェックされます
規格ごとにきれいにコンテナに並べます
市場へはコンテナで出荷されます
直売所などでは袋詰めした状態でします
出荷待ちのなすの山
朝採れの新鮮さが「白山なす」の魅力の一つです
 
 

なすは意外にも水分の多い野菜で、
94%が水分によって構成されています。
のぼせや、高血圧予防に効果があります。
また、なすの紫色の色素は「ナスニン」といい
活性酵素を抑制する働きがあります。
驚くことに1本の木からはおよそ200から250の
なすが収穫できるそうです



 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

このページは役に立ちましたか。