本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から「たけのこ」の出荷が行われています

「たけのこ」の出荷が行われています

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
H28.4.15
 
直売所での販売JA白山のたけのこ部会では、4月11日(月)から今年のたけのこの出荷が始まりました。
例年より10日ほど早い出荷です。

写真は、市内の直売所にて販売されているたけのこです。
今年は「表年」と言われる取れ高の多い年になります。
しかし猪による被害や心無い入山者による乱獲により、「思ったほどの収穫ができない」との話もありました。

 
  
 たけのこ部会長の藤田さんにお願いして、たけのこの収穫に同行させてもらいました
(平成28413日撮影)
JA白山たけのこ部会長の藤田さんです。

たけのこを掘る時には、幅が狭く、刃先が長い独特の道具を使います。
竹林の途中には、こんな穴が・・・。

アナグマの巣だそうです。

藤田さんいわく、どんどん増築中だとか!?

ただ、害はないので、かわいいだけと。
それに比べて、問題なのが猪です。

こうして檻を設置してありますが、全然つかまらないとか。

まわりの土がボコボコしているのは、猪に掘り起こされた場所です。

見事に檻をよけて食べられています。
地面を掘り起こし、もう少しで収穫できる!、という状態のものを根こそぎ食い荒らしていきます。
びっくりするぐらい上手に掘り当てています。
たけのこを収穫する場所は、下草がきちんと刈られ、竹も程よく間引かれており収穫までの地道な手入れが感じられます。
美味しいたけのこは、根本が太くて、根本のぶちぶちの間が白いほどいいそうです。
採れたてのたけのこは、切り口から水分がジワ~っと染み出てきて、なめるとほんのり甘いです。
収穫されたたけのこは、地元の直売所で販売されるほか、金沢の市場にも出荷されています。
先っぽまでの皮の色が、黒より黄色の方が品質の良いものとされています。
たけのこ部会のメンバーが搬入したたけのこが、規格ごとに箱詰めされて出荷を待っています。
これは金沢の市場へ出荷されて行きます。

鮮度を保つため、中には保冷剤が詰められています。
たけのこの出荷は、ゴールデンウィーク明けぐらいまで。
地元の直売店では、朝採ったたけのこが店先に並んでいます。
お昼を過ぎると、残っていない可能性が高いとのことなので、新鮮なたけのこをお求めの際は、お昼前にお買い求めください。
 

●たけこ
 
■主な生産地域鶴来地域
■出荷時期4月上旬~5月上旬(年によって変わります)
■主な栄養成分食物繊維、ビタミンB2・E、カリウム
■効能便秘改善、血糖値上昇の抑制、コレステロールの摂取抑制
■お問い合わせ白山農業協同組合 営農経済
白山市井口町は7番地1
TEL 076-273-5277  
 

    
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
                                         
このページは役に立ちましたか。