本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消からかきもちづくり~井関生産組合~(石川県白山市)

かきもちづくり~井関生産組合~(石川県白山市)

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

 


自然乾燥される

色とりどりの
 
かきもち

 

 
 

(農)井関生産組合

   平成25年1月11日、冬には珍しい晴れた日に井関生産組合を訪ねました。

  作業場に入ると、つきたてのもちのいい香りが漂ってきて、湯気の向こうからは明るい声で「こ

 んにちは」と突然の訪問にも組合員の皆さんは笑顔で迎えていただきました。

  そして、一枚一枚縄で丁寧に編み上げてつるしてある倉庫に案内され、色とりどりのかきもちが

 並ぶ情景に思わず「きれいですね!」との言葉が出ました。   
  
  井関生産組合では、自分達が栽培した米を販売

 するばかりでなく、冬場の農閑期を利用しての「かき

 もち」づくりを始めたもので、今年で35年目を迎えたと

 のこと。

  井関のかきもちの特徴は、自家製の餅米(白山餅) 

 を原料とし、ミネラル豊富の良質な白山伏流水(平成

 の名水百選)を使っていることと、色鮮やかな餅には

 クチナシや赤かぶなど天然成分由来の着色料を使う

 など、安全性にも配慮しているなど、自分達が食べた

 いかきもちに誇りを持って作っていました。  

 
 

自然素材で真心こもった味のよいかきもちが

3月上旬には全国へ出荷されます。

 
 
 作業風景の様子
 
 
  
自慢の自家製の餅米!蒸した餅米のいい香りがたちこもる作業所内
蒸した餅米に塩を加えて‥機械でつきます。つきたての餅を四角の箱に入れる作業
その後、数日おいて切った餅を一枚一枚を丁寧に手作業で編み込んでいきます。
編み込んだばかりで並べられたかきもちそして、かきもちは倉庫内に
1カ月半から2カ月の間、自然乾燥されます。


井関生産組合女性部
  活動・販売場所  石川県白山市井関町ハ16
  問い合わせ先  電話 076−278−3603
  活動開始年月  昭和53年12月
  販売商品  かきもち、餅



  
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

このページは役に立ちましたか。