本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第2話「松任キュウリ」

白山を食べる~それぞれのストーリー~ 第2話「松任キュウリ」

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 


 
白山を食べる〜それぞれのストーリー〜             第2話「松任キュウリ」
 




皆さん、キュウリってとってもヘルシーなことをご存知でしたか
 キュウリは、ヒマラヤ山麓にある野生種から進化したものといわれ、世界中で500もの品種が栽培されています。
 
 現在、日本で栽培される90%以上は、皮が薄く歯切れが良い日本独自の品種です。



白山市産キュウリ
 
■主な産地 / 松任地域

 JA松任キュウリ部会では、早朝より収穫し、選果場にて鮮度の良い統一された規格で出荷しています。栽培技術の向上に努めるほか、栽培履歴の記帳を徹底するなど、安全・安心な松任産キュウリを生産しています。また、白山市農林水産物ブランドとして認定されています。

■旬の時期

 春キュウリ 4月下旬〜7月上旬
 秋キュウリ 8月下旬〜12月上旬


■栄養

 主成分の90%以上が水分で、ビタミンやカルシウム・カリウム・鉄分などのミネラル、食物繊維を含んでいます。
 特にカリウムが豊富で、むくみの改善や利尿作用、体内に蓄積された塩分の排泄を促し、高血圧予防の働きもあります。また、体内の熱を取り除いたり、アルコール代謝も促すなど、夏バテや二日酔い予防の働きもあります。

■保存方法

 水気を拭き取り、ラップをして冷蔵庫の野菜室に入れます。
 


■選び方

 みずみずしい香りと、パリッとした歯切れの良さがキュウリの特徴です。表面の突起「いぼ」がチクチクするものほど新鮮です。多少の曲がりは鮮度や味、栄養には関係がありません。色が濃くて、ツヤ・ハリがあり、重みのあるものを選びましょう。



生産部会長さんに聞きました!

 23年度のキュウリは、3〜4月が低温であったため、出荷が平年に比べ2週間ほど遅れましたが、これまでどおり農薬をできるだけ使わず安全で美味しいキュウリを精魂込めて作りましたので、ぜひ食べてみてください。



 
 
▲上へ戻る

  
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。