本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から手取ほうれん草部会紹介(石川県白山市)

手取ほうれん草部会紹介(石川県白山市)

 
 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク

 
 
   手取ほうれん草部会    

  部会長さんにお聞きしました!                  
 
                                           部会長の庄田庄一さん




部会名手取ほうれん草部会
部会発足時期昭和49年4月(発足時 97名)
会員数6名(平成21年12月現在)
会の特徴○山ろく(鳥越地域)の地の利を活かして、夏場に多く出荷出来るとともに、
  軽作業のため高齢者にも仕事が出来ることです。
○育苗後にほうれん草を3作から4作作ることが出来ます。
○何より、地区の中での気の合った方ばかりで家族のような和かな部会です。
栽培の苦労話しなど○秋の台風には悩まされます。
  また、梅雨時の日照不足での軟弱対策(品種)も重要です。
○草木施肥の作業がつらく(落葉かや)、朝が早く圃場へ出ることも大変です。
  特に寒い時期などの早朝からの作業は大変つらいです。
旬な時期5月・10月
特徴○ここ2年の間、梅雨時期の6月上旬から7月下旬の間、新しい品種である
  「ミラージュ」を試作 したところ、従来の品種「パレード」より、緑色が強く
  有り、来年からは梅雨時期は「ミラージュ」の品種を変える予定です。
  なお、8月以降の品種は従来通り「アトラス」とします。
問い合わせ先手取ほうれん草部会 会長 庄田 庄一
電話 076-255-5493
 

  
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。