本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から平成26年新春 冬の山菜「あさつき」出荷!

平成26年新春 冬の山菜「あさつき」出荷!

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
冬の山菜「あさつき」
 
 冬の山菜

 「あさつき」の出荷が始まりました!
  

 
 あさつきはもともとは、山の草地に生えているネギの仲間

で、白山麓地域では雪解け時期の4〜5月頃に採れるもの

です。降雪時期には食べられないものでした。

 その「あさつき」の促成栽培に取り組み、今では多くの方

に冬の山菜として非常に珍しいと喜ばれています。

 これから2月いっぱい出荷される予定です。
 
「あさつき姫」 

 
  
 栽培作業などの様子です!  (平成26年1月7日撮影)

 
納屋の中で促成栽培されるあさつき
 
あさつきの成長の様子などについて
話し合う坂田さん(右)と立川さん
 
   


 「あさつき姫」として白山市内で販売しています。

  ■販売場所

   ○河内地場産業センター

   ○JA白山旬菜市

   ○A・コープ手取

   ○JAグリーン松任まいどさん市場
 氷点下の冬日にもかかわらず、暖かく出迎えて
 
 いただいた坂田さん、立川さんのお二人。口を
 
 そろえて「あさつきづくりは生きがい」と語る。

 取材の帰り道、希望をもって頑張るお二人の
  
 笑顔を思い出しながら白山を…。

 
●白山市産あさつき
 
 ■主な生産地域  河内地域

 ■出荷時期     12月〜3月上旬         
            
 ■あさつきは、ユリ科ネギ属の球根性多年草で、ネギよりも

  色が薄く、食用とされるユリ科植物の中で最も細い葉を持

  ちます。

  元は野草であり、現在も山野に自生が見られます。

  あさつきには、ビタミン類、ミネラルなどが含まれ、おひたし

  などにして食べれば、からだのためになります。

  また、特有の香り、苦味は食欲を促すとともに、便通にも

  効果があります。

  通常、畑では3月から4月にしか収穫されません。
 
 
 
 
●問い合わせ先
 

坂田 久男 さん  電話 076-273-3684

立川 三好 さん  電話 076-272-1400

東川 良三 さん  電話 076-277-1676



坂田さんが心を込めて「あさつき姫」を

イメージして書いたラベル
 


    
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
                                         
このページは役に立ちましたか。