本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から夏の味が続々と!“幸水”の出荷が始まっています

夏の味が続々と!“幸水”の出荷が始まっています

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 


 
 
松任梨の出荷が

続々とはじまっています

〝幸水”

 


  8月5日、この日は梨の「幸水」の初出荷となりました。
先日の「新水」に引き続き、JA松任中央選果場で行われている
梨の選果作業を見学してきました。


JA松任で集荷・出荷される品種は時期の早いものから順に
新水 ・ 幸水 ・ 豊水
の「三水」と呼ばれるポピュラーな3種ですが、どんな違いがあるでしょうか。

新水は早生品種で、酸味も多少ありますが、甘みの多い濃厚な味です。
幸水はお米でいうところのコシヒカリのような存在で、
白山市では梨の生産の約6割、県内や全国的に見ても日本梨の約4割を占める
梨の定番の品種です。多くの人に親しまれる味で
シャリシャリとした歯触りとみずみずしさが特徴です。
新品種「加賀しずく」のお父さんでもあります。
豊水は、幸水の出荷が終わるころから出始める品種で、
濃厚な甘さに加え、適度な酸味があることで、好む人も多いようです。


いずれも、暑い日の続いた今年は糖度が非常に高い、
大変甘い良い出来になったとのことです。
洋ナシとは違い追熟しないので、鮮度が命です。
夏の一番おいしい旬を逃さずに、白山のめぐみを食べてくださいね!


  松任梨は白山市農林水産物ブランドに認証されており、
お盆のご贈答品にも大変喜ばれています。

併せて梨部会の紹介もご覧ください!


○選果作業の様子をどうぞ(8/5撮影) 

生産量の多い幸水。選果待ちの果実がずらりと並びます。
手早く丁寧に選果します。
箱の中に一つでも傷んだものが入るとほかの梨も傷んでしまうので、厳しくチェックされます。



  

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

このページは役に立ちましたか。