本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から令和2年度 グリーンピースの出荷が行われています!

令和2年度 グリーンピースの出荷が行われています!

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
大きな粒が自慢!
グリーンピース

 

 

 
 
 

白山市は県内最大のグリーンピースの産地ということを皆さんご存知ですか?
JA白山グリーンピース部会に所属する4つの農家さんが丹精込めて生産しており、県外産のものより粒が大きいことが特徴で、昨年には白山市農林水産物ブランドにも認定されています。
現在最盛期を迎えていますが、旬の時期が短いので見つけたら即ゲットすることをおすすめします!
よらんかいねぇ市場でも購入できます。
 


 
 
選果場でのパック詰めの様子です
パッケージにはグリーンピースご飯の作り方が書かれています
グリーンピースの品種は「クルメユタカ」。1パック100g入りで、調理しやすい分量となっており、さやを剥いてあるので便利です。すぐに使わない場合は洗わずそのまま冷凍庫へ。使用時にさっと洗ってそのまま調理できます!パックにはブランドマークの「白山めぐみん」のラベルが貼られています。


 
農家さんにどのような調理方法が美味しいか尋ねてみました。
やはり、「豆ごはん」が一番とのことです。ほかには「卵とじ」もおすすめとのことでした。
下記がレシピとなりますが、簡単であっという間にできますので忙しいときの一品としてもおすすめです。
車麩などを入れても美味しいとのことですよ。旬の味をお楽しみください。

グリーンピースの卵とじ 
 
  
材料(2人分) 
グリーンピース

だし汁
みりん
砂糖
醤油
1パック(100g)
2個
1/2カップ
小さじ1
小さじ1
大さじ1/2
適量
作り方
 
  1. 鍋にだし汁を沸騰させ、さっと洗ったグリーンピースと調味料を入れて4~5分煮る。
  2. 溶いた卵を回し入れる。
  3. 卵がお好みの固さになる手前で火を止める。ふたをしてそのまま4~5分ほど蒸らすと出来上がり。

 

 
 グリーンピースごはん 
 
  
米2合分 
グリーンピース

昆布

1パック(100g)
2合
3㎝角
大さじ1
小さじ1
作り方
 
  1. 米は洗って通常の分量の水と昆布を入れ約30分置く。
  2. グリーンピースを塩もみして水洗いする。
  3. 1にAを加え、2を入れて普通に炊く。
  4. 炊き上がったら約10分蒸らし、全体をかき混ぜてから器に盛る。

 
そのほかのグリーンピースのレシピはこちらをご覧ください

 
   
        豆知識
えんどう豆の若いさやが「さやえんどう」で、もう少し成長した実が「グリーンピース」です。どちらも茹でて食べると美味しいですが、茹でると豆類に特有のシワができてしまい、見ためが悪くなることがあります。シワにならない茹で方のポイントは、ひたひたの水に浸けて弱火で茹で、茹であがったあとは、茹で汁に浸けたまま、ゆっくりと冷やすことです。

えんどう豆は、βカロチンやビタミンCが豊富です。βカロチンは細胞の老化予防、ビタミンCは美肌・美白効果が期待され、βカロチンとの相乗効果で免疫力も向上します。また、豆類の特徴であるビタミンB群とタンパク質、食物繊維も多く含まれ、糖質代謝に欠かせないビタミンB1、コレステロール排出や腸の働きをよくする食物繊維と体にうれしい栄養素が豊富につまっています。 
 

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

このページは役に立ちましたか。