本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消からJA大分大山町組合長を迎え「地産地消講演会2012」を開催しました!

JA大分大山町組合長を迎え「地産地消講演会2012」を開催しました!

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

「耕地に恵まれず、立地に恵まれず、天然資源に恵まれず、人材にも恵まれず・・・」

無い無いづくしの『日本一貧乏な村』から、『海外旅行者が世界で一番多い村』へ

〜 種をまき 夢を追う 〜

 


  平成24年2月8日(水)に、市民交流センター5階大会議室において、昨年に引き続き、「白山市地
産地消講演会2012」を開催しました。
 
  今回は、JA大分大山町代表理事組合長の矢羽田正豪氏が「種をまき 夢を追う」と題し、収益率の
高い多品目栽培や農家のおばあちゃんが調理するレストラン経営など、同農協が進める先進的な取
組について、講演していただきました。
 
  当日は、地元JAや関係機関・団体、市民など、約200人が来場し、熱心に話を聞いていました。

  参加者からは、「とても力強い話の内容で元気がでました。」など講演を聞いて良かったとの感想
 が数多く寄せられました。

 
 ◆参加者アンケート抜粋◆

   ・自分達で立ち上がろうとする意欲を持つ。それは農業だけでなく全てに言える事だと思いました。目的を持って見直
    と、なにげなく見ていたものに意味があり、人の話もどうとらえるかでとってもいいヒントになります。
  
   ・仲間作りが一番大切な事に痛感しました。地域に種をまけば、必ず夢を追い、成功するのだと思いました。
  
   ・大変、難しいことを、常にチャレンジしていくことで、成功させて、積み重ねてきたお話は大変に参考になりました。
  
   ・農業はさまざまなアイディアで無限の可能性を秘めていると思った。決して恵まれた環境じゃなくてもアイディアと努力
    で、全々やっていけるというのもわかった。
  
   ・夢(種)をもたなければ、成功(芽)は生まれない。これが、今日、僕が話しを聞いて、一番学んだ事の一つです。
    忘れがちだけど、大切な事。それを教わりました。
    すぐ夢を持つのは無理があるけど、今からでも、本当にやりたい夢を描き、大きな夢を持ち、そしてその夢をかなえ
    ようと思いました。
  
   ・すばらしい話であった。良きリーダーに恵まれた大山町はうらやましいと思う半面、問題を問われた私たち自身の明
    歩みだしに、身ぶるいする思いでした。

   ・長年の努力、やる気、出会い、協力、目的。今ある町を愛し、子孫のことを思えば、無理してでも、努力するのでは。
    何もないから夢がある。次々と出来る。協働。若ければなあ・・・と。若者に聞かせてあげたかった。


 
 

 
○当日の様子です

 
 
矢羽田組合長からは、「貧しい村だったが、皆が知恵を出し合って豊かになった。危機意識を持ち、大きな夢や
高い理想を持って挑むことが大切です。」と呼び掛けられ、参加者たちは、熱心に聞き入っていました。
 

 

 
 
会場前のホールでは、食育や地産地消コーナーを設け、来場者の認識を深めました。
 

 
 
作野白山市長と懇談する矢羽田正豪氏(講演会前)
 

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん〜 !トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。