本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の課別でさがすの中の地産地消課から第6回 白山のうまい米と味わいたい「地産地消」簡単料理レシピ 入賞作品集

第6回 白山のうまい米と味わいたい「地産地消」簡単料理レシピ 入賞作品集

お問い合わせ
部署名: 地産地消課電話番号: 076-274-9522FAX番号: 076-274-4177E-mail: chisanchisyou@city.hakusan.lg.jp

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク

 
  白山市
は平成279、市の基幹農産物である“米”の消費拡大と地元農林水産物のPRを目的に、第6回「地産地消」簡単料理レシピの募集を行いました。

  今回は「おもてなし料理(白山市の発酵食品とうまい米)」をテーマとし、20作品のご応募をいただきました。 

  ご応募いただいた作品の中から、平成271017日に開かれた審査会で最優秀賞に選ばれた「ふぐの子TKGY」と、優秀賞に選ばれた3作品のレシピを紹介します。
 
  レシピを参考に皆さんも是非お試しください。
 
 
 
審査会の様子は、こちら
をご覧下さい。
 

   
ふぐの子TKGY白山 さば糠(へしこ)棒寿司
木綿豆腐のカナッペ
サーモンみそマヨソース
白山風ロコモコ


 
                             材料のうち★印は、地元産農林水産物を示しています。
 
 
ふぐの子TKGY
材料(4人分) 
★ごはん(比咩の米)   

★サクラ卵

★プロだし

★ふぐの子糠漬け

★ピーマン

スライスチーズ(モッツァレラ)

サラダ油

★トマト         

にんにく(みじん)

★甘酒



こしょう

バジル(飾り)     

★松任梨

★塩麹
茶碗4杯分

4

20cc

2030g

2

3

適量

1

小さじ1

大さじ1

少々

少々

あれば

1

適量
 
作り方
(1) 梨は皮をむき、厚めのいちょう切りにして塩麹で和えておく。

(2) ピーマン、チーズは細かく刻んでおく。卵は溶いてだしと混ぜておく。

(3) (2)とごはん、ふぐの子を混ぜ合わせる。

(4) フライパンを熱しサラダ油を敷き、4等分にした(3)を入れ、丸く形作って中火でふたをしながら両面焼く。残りも同様に焼く。

(5) ソースを作る。フライパンを熱しサラダ油を敷き、にんにくを弱火で炒めて湯むきして角切りにしたトマト、ふぐの子、甘酒、塩、こしょうを入れて水気を飛ばしながら5分ほど煮る。

(6) 器に(4)を乗せ、(5)をかける。梨の塩麹和えを添える。
 
料理の説明
  白山市産食材をふんだんに使用した、まさに地産地消の一品。誰にでも親しみやすい鶴来のB級グルメTKGYに味が濃厚なふぐの子を一緒にした。ふぐの子は意外にもどんな食材、味にもマッチするためトマトソースに合う具材を中に混ぜ込んだ。トマトソースにもふぐの子を使い甘酒でまろやかな味に仕上げた。梨の塩麹和えを添えて、ゆっくり味わっていただきたい。

 

 
 
 
材料のうち★印は、地元産農林水産物を示しています。
 
 
白山 さば糠(へしこ)棒寿司
材料(4人分) 
★ごはん

★さばの糠漬け

★大根

★大葉

白ゴマ

寿司酢


昆布茶

熱湯

酒、酢
2

2枚分

10cm分

8

大さじ1程度

(酢、砂糖)各大さじ3
(塩)小さじ1

小さじ1

1カップ

適量
 
 
作り方
 (1) 固めに炊いたご飯に寿司酢を合わせ、酢飯を作ります。白いりゴマも加えます。

(2) 大根はかつらむきして長さ20cmずつに切り、熱い昆布茶につけます。

(3) さば糠漬けは薄く削ぎ切りにして、酒と酢を合わせたものにつけておきます。

(4) まきすにラップを敷き、酢飯を棒状にして乗せ、ラップごと巻きます。

(5) 汁気を拭いたさば糠漬けを少し重ねるように並べます。

(6) 大葉を並べて敷き、酢飯を棒状にして乗せ、ラップごと巻きます。

(7) しっかり形を作り、しばらく置いてから、切り分けます。
料理の説明
 白山のお米で作った酢飯はとてもつやつやしていて甘みがあります。そこに白山のさばの糠漬けを乗せた棒寿司を作りました。さばの糠漬けは多少、塩分が強いので、さっぱりした白山大根と大葉を一緒に巻いて工夫してみました。
 簡単に作ることができて、おもてなしにぴったりのお料理だと思います。


 
 
材料のうち★印は、地元産農林水産物を示しています。
 
 木綿豆腐のカナッペ
サーモンみそマヨソース
材料(4人分) 
サーモン

★木綿豆腐

★みそ

マヨネーズ

★しょうゆ

大葉
6切れ

1

適宜

適宜

大さじ1
作り方
(1) 豆腐を正方形に切る。

(2) サーモンの3分の1を細かく切る。

(3) 残りはバラの形にする。

(4) みそとマヨネーズとしょうゆを混ぜる。

(5) それに、サーモン(細かく切ったもの)を混ぜる。

(6) 豆腐をお皿に盛り付ける。

(7) バラのサーモンと大葉を盛り付ける。

(8) 最後にソースをかける。
料理の説明
・白山市名物の豆腐を洋風にアレンジした。

・豆腐を使っているため、体に良いヘルシーな料理である。

・白山市のおいしいみそを使い、若い人にも人気のマヨネーズ入りソースに仕上げた。


 
 
材料のうち★印は、地元産農林水産物を示しています。
 
白山風ロコモコ
材料(4人分) 
 ★納豆       

★味噌       

★剣崎なんばの小口切

合い挽き肉      

玉ねぎのみじん切り

卵              

トマトケチャップ

溶き卵



温かいご飯

サニーレタス

パプリカ(赤・黄)

イタリアンパセリ
4パック

大さじ3

20g

400g

1/2個分(80g)

4

大さじ3

1個分

大さじ1

4杯分

2

1個ずつ

適量
作り方
(1) フライパンにサラダ油小さじ2を熱し、剣崎なんばを入れ、玉ねぎを茶色になるまで炒める。合い挽き肉を加え、ポロポロになるまで炒める。

(2) 納豆は粘りが出るまでよく混ぜる。

(3) ボウルに溶き卵、味噌大さじ1、ケチャップ大さじ1を混ぜ合わせ、(1)(2)を入れ混ぜる。

(4) フライパンに油少々を熱し(3)のタネを落とし入れ中火で2分ほど焼き、裏返してフタをし弱火で23分焼く。

(5) フライパンに油少々を熱し、卵を割り落として弱火で半熟状の目玉焼きを作る。

(6) フライパンに味噌大さじ2、ケチャップ大さじ2、酒大さじ1を加え弱火で煮詰める。

(7) 器に暖かいご飯を盛り(4)のハンバーグを乗せ(6)のソースをかけ、(5)の目玉焼き、レタス等を添える。
料理の説明
 挽き肉を混ぜずに炒めてあるので早くでき、挽き肉のゴツゴツ感と納豆が合う。ハンバーグが柔らかく食べやすい。





 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。