本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から夏のおもてなし料理レシピ

夏のおもてなし料理レシピ

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 
 
 
 いつの時代も「おもてなしの心」を忘れたくない

 

 

「もてなし」には相手が満足することで、

もてなす側も喜びを感じるという関係があり、

こうした相互関係は、豊かな人間関係を築きます。
 

 
   平成25年8月7日(水曜日)に白山市「おもてなし推進の会」の研修会が行われ、旬な食材を使用
  した「夏野菜を使った料理講習会」が開催されました。

   白山市産のみずみずしいなすやきゅうり、冬瓜やいんげんを使用しました。

   今回の料理を考案した食生活改善推進協議会会長塚原幸子さんは、「今の季節にピッタリの酢
  を使ったさっぱりとしたちらしずしや口当たりの良い茶碗蒸しや汁もの、デザート、そして、色合い
  も良く目で楽しめる白和えもメニューに入れました。旬の野菜は身体にもよく、美味しくて元気が
  出ます。」と話して下さいました。 
 
   
   
 




   「夏のおもてなし料理~季節の野菜を使って~」
 
 
 「お」 : いしい、旬の食材を使って。  「香り寿司」
 「も」 : 盛りだくさん。何がかくれているのかお楽しみ。  「茶碗蒸し」    
 「て」  手を取り合い、みんなで協力して作りました。  「いんげんの白和え」
 「な」 : なつに冬瓜。これ如何に。      「冬瓜のお澄まし」
 「し」 : しめはやっぱりデザートで。なつかしい味です。  「おちらし粉ムース」 
 
 
 

 
 
香りずし 
材料(4人分)作り方


米     
A:混ぜておく
 水    
 米酢   
 塩    
 さとう
ちりめんじゃこ 
なす  
きゅうり 
みょうが甘酢漬け
大葉 
枝豆  
白ごま  
塩    
  
2合

1・2/3カップ
1/2カップ
大さじ1/2
大さじ2
30g
小2個
1本
2~3個
10枚
15房
大さじ2
適宜
【1】 米は炊く30分以上前にといでAを混ぜ、上にじゃこをのせて
   炊く。
【2】 枝豆はゆでておく。なすときゅうりは塩もみして水気を絞る。
   大葉はせん切りして水にさらしアクを抜く。みょうがの甘酢漬
   けもせん切りにしておく。
【3】 1のすし飯に枝豆と白ごま、2を混ぜる。
 


  
 
茶碗蒸し   
材料(4人分) 作り方

卵    

 だし   
 塩    
 うす口醤油      
 酒        
鶏ささみ 
むきえび 
酒・塩  
椎茸   
三つ葉  
ぎんなん 
2個

2カップ
小さじ1
小さじ1
小さじ1
2本
4尾
少々
小2枚
4本
4個
【1】  卵は割りほぐしAを加えて静かに混ぜ合せ、こし器に通して
   こしておく。
【2】  鶏ささみは8つにそぎ切り、椎茸は半分に切る。ぎんなんは
   熱湯をかける。ささみとエビに酒と塩で下味をつける。
【3】  三つ葉は、葉と軸に分けて2センチに切る。
【4】  器に具材を入れ、1をそっと注ぎ入れて蓋をする。蒸気の上
   がった蒸し器に入れ、蓋にフキンをはさみ、強火で1分、弱火
   で9分蒸す。
【5】 いったん火を止め、三つ葉(葉の部分)をのせ1分弱火で蒸す。
 

 
 
いんげんの白和え  
材料(4人分) 作り方

いんげん  
にんじん  
しょうゆ  
木綿豆腐  

白刻みごま   
さとう   
塩    
しょうゆ 

150g
100g
小さじ1
2/3丁

大さじ2
大さじ1
小さじ1/2
小さじ1
【1】いんげんは半分に切り塩もみする。にんじんは太めの
  せん切りにする。熱湯で各1分ゆでる。
【2】ザルにあげて水気をきりボウルに入れてしょうゆ小さじ1
  で下味をつける。
【3】豆腐はペーパータオルに包んでほぐし、水分を十分に
  絞る。
【4】ボウルに3の豆腐とAの調味料を合せてよく混ぜ、1を加
  えて和え器に盛る。
 
 


  
 
 冬瓜のお澄まし 
材料(4人分) 作り方

冬瓜  
だし   
しょうゆ 
塩    
乾燥わかめ
生姜すりおろし
片栗粉  
200g
4カップ
小さじ2
適量
2g
適量
小さじ2

【1】冬瓜は皮と種を取り食べやすく切る。
【2】だし汁を火にかけ、煮立ったら冬瓜を加え中弱火で柔らかく
  煮る。
【3】火を弱め、塩、しょうゆで軽めに味付けして、さらに3~4分
  煮る。
【4】水溶き片栗粉でとろみをつけ、器に盛って生姜を添える。

 

 
 
 おちらし粉ムース 
材料(13×15×4の流し型) 作り方

粉かんてん
水   
豆乳   
A さとう 
  おちらし粉
B 米粉、水

2g
1/2カップ
1カップ
1/2カップ弱
大さじ4
各大さじ2

【1】AとBはそれぞれ混ぜておく。
【2】鍋に粉かんてんと水を加え混ぜ、火にかけて沸騰したら
  弱火にし、2分間かんてんを煮溶かす。
【3】2にAを振りいれてサッと混ぜ、Bを加えて混ぜ、とろみが
  出るまでよく混ぜながら煮る。
【4】冷たい豆乳を加えて混ぜ、荒熱を取る。
【5】型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めて切り分ける。
  



 
  
 ■研修会の様子
  
 
 
 
食生活改善推進協議会
塚原さんからレシピの説明を
聞きました。
 
参加者の皆さんの熱気に
包まれていました。
 
野菜を刻みます。
  
 
 
 
講師の塚原さんから作り方を
教えてもらいます。
 

彩りも鮮やかです。

 
そして、「いただきます」

 



 
 
食育・地産地消 ~まるごと!はくさん!~ トップに戻る 
                                
 
                                                   

 □食器に関するお問い合わせは

     ニッコー株式会社  〒924-8686 石川県白山市相木町383 076-276-2121(代表)




 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。