本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から旬な食材を楽しむ ~美川天然真鯛を使った簡単料理

旬な食材を楽しむ ~美川天然真鯛を使った簡単料理

 
 

  
 ~白山レストランへようこそ~

 美川漁港であがった見事な

    
    美川天然真鯛!

 
  真鯛を使用した
  簡単料理レシピ
  

     

  ■ 食器提供 : ニッコー株式会社
   

 
  
 
 美川天然真鯛
   
(白山市農林水産物ブランドにも登録されています)


 ○主な操業地域  白山市沖
 
 ○旬な時期     4月~12月      
           
  ○特徴         真鯛の目の上には青みががったアイシャドウ
             のような模様がついています。
               


                                        
        
 鯛の押しずし ○鯛のあら汁 鯛の昆布じめ
 鯛のゆずこしょうマヨ焼き 鯛のカルパッチョ 

 出刃包丁が無くても大丈夫!鯛のさばき方


 
 
     鯛の押しずし      
 
  
材料(4人分) 
 米        
 水        
 昆布(5センチ角)
 鯛        
(合わせ酢)
  米酢      
  砂糖       
  塩       
 酢(酢洗い用)  
 酢(漬け込み用) 
 紅ショウガ    
 味付けのり    
 大葉          
2合
2カップ
1枚
2尾

大さじ4
60g
小さじ2/
1カップ
2カップ
1袋
12枚
12枚
 
作り方
 1 米は洗ってざるに取り、水気を切ります。
 
 2 炊飯器に米と水、昆布を入れ、30分おいて炊く。
 
 3 鯛はうろこと内臓を取ります。
 
 4 3を3枚におろします。

 5 4の切り身に塩をふり、30分おきます。 

 6 5の切り身を酢洗いし、水気を取って、魚が十分つかるほどの酢に漬け込みます。10分ほど
   置き、身が白くなってきたら引き上げ、厚い部分を食べやすい厚さに平らにそぎます。

 7 ごはんが炊けたら10分程蒸らし、寿司桶にあけます。合わせ酢を木じゃくしに当て固さの加
   減を見ながらながら、ご飯全体に回しかけ、切るように混ぜ、うちわであおぎ、人肌くらいに
   冷まします。

 8 押しずしの型を酢で濡らし、初めにご飯を平らに敷き詰め、その上に紅ショウガ、その上に味
   付けのり3枚、その上に大葉3枚をのせ、6の鯛を並べます。
 
 9 ふたをして垂直に押し、型を抜きとったら、ラップでピッタリと包みます。型を抜く前に上下を反
   対にし、底のふたをはずし、また、もとに戻す作業をしておくと、型から、ごはんが抜きやすい
   です。8、9を繰り返し、4本作ります。

 10常温で1日置くと味がなじみます。1本を6等分に切ります。  
 
 
   鯛のあら汁   
 
  
材料(4人分)
 
  鯛あら      
 塩        
 出し昆布     
 水        
 味噌       
 みつ葉      
   
 
400g
適量
5cm2枚
1000ml
大さじ2~3
適量
作り方
 1 (下処理)鯛のあらは塩を多めに振り、そのまま15分程置き、次にお湯を沸かし、20秒ほど漬
   け、冷水にとる。冷水の中できれいに洗う。

 2 鍋に水と1のアラ、だし昆布を入れ、強火にし、沸騰したら、弱火にする。途中アクをとり、透き
   通った状態になり、アクが無くなったら、味噌を入れ、2cmの長さに切ったみつ葉を添える。 

 
 
 
 
 
   鯛の昆布じめ                
 
  
材料(4人分)
 鯛(上身)  
 昆布    
 酢     
 水     
 みつば    
 わさび    
 焼きのり   
(合わせ酢)
 酢      
 出し汁   
 薄口醤油  
160g
2~4本
大さじ2
/2カップ
4本
適量
1枚

大さじ1
大さじ1
大さじ1/
作り方
 1 ビニール袋又は深さのあるトレイに水・酢を入れ、汚れを落とした昆布を入れ、3~5分間湿ら
   せる。昆布が柔らかくなったら取り出し、水気をかるくふく。
 
 2 鯛はうす切りにする。(刺身にきったものでもいいです)
 
 3 1の昆布の間に2の鯛を並べ、ラップに包んで冷蔵庫に入れ1時間ほど置く。鯛がしまったら
   昆布からはずす。
 
 4 焼きのりはちぎってボールに入れ、水を少量加えてもどす。布巾またはペーパーで軽くしぼり、
   4等分に分ける。
 
 5 みつばは適当な長さに切る。わさびはすりおろしておく。

 6 合わせ酢の材料を混ぜる。

 7 器に鯛、みつば、のり、わさびを添え、食する直前に合わせ酢をかける。
 
 
 
 
     鯛のゆずこしょうマヨ焼き     
 
  
材料(4人分) 
 鯛切り身     
 ししとう     
 塩・こしょう   
 サラダ油     
 マヨネーズ          
 柚子こしょう         
4切れ
8本
少々
大さじ2
大さじ1
小さじ1
作り方
 1 鯛に塩・こしょうをふり、ししとうは軸を切り落とす。
 
 2 フライパンを熱しサラダ油を入れ、鯛の皮の方を下にし、並べ、ふたをし、中火で焼きます。皮
   がしっかり焼けたら、返し、火を止め、5分程そのままおいて、余熱で火を通します。
 
 3 鯛を一度とりだし、ししとうを炒め、塩・こしょうをする。
 
 4 マヨネーズとゆずこしょうをあわせ、鯛の皮の方にのせ、温めたトースターで軽く焼き色がつく
   まで、5分程焼く。
 
 5 皿に4の鯛をのせ、3のししとうを添える。

 
 
 
 
   鯛のカルパッチョ                                             
 
材料(4人分)
鯛(刺身用)切り身       
レタス           
水菜            
新玉ねぎ(無ければ玉ねぎ) 
黄・赤パプリカ       
ベビーリーフ        
(ドレッシング)
オリーブ油         
しょうゆ          
酢             
はちみつ          
にんにくすりおろし     
塩・こしょう        
1本
3枚
1株
/4個
各1/4個
適量

大さじ4
大さじ1
大さじ1
小さじ1
1かけ分
少々
作り方
 1 鯛(刺身用)切り身は薄く削ぎ切りにする。レタスは手でちぎる。水菜は3cmの長さに切る。玉
   ねぎは、皮をむいて薄切りにする。パプリカも種を取り。薄切りにする。調味料は合わせてよく
   混ぜる。
 
  2  お皿に切った野菜を敷き、鯛を並べ、合わせたドレッシングをかける。
 



 
  ■鯛のさばき方の手順
  その前に・・・鯛のうろこは固く、ヒレはとがっているので、さばく際には、軍手の着用をおすすめ
  します。
  
1.うろことりでうろこをとりま
  す。   
2.キッチンバサミで頭と体の
  間を半分まで切ります。
3、次にお腹を真ん中まで切
  り、開きます。
4、内臓を取り出します。5、キッチンバサミで頭と胸ビ
  レ、腹ビレをいっしょに切り
  離します。
6、3枚におろします。尾のつけ
  根に切り込みを入れます。
7、尾から腹に切れ目を入れ
  ます。
8、次に尾の向きを変え、背側
  に切れ目を入れます。
9、身をはずします。最後にキ
  ッチンバサミで固い部分を
  切ります。
10、裏側も同様におろして、
   3枚におろします。
   頭は今回はあら汁で
   使用します。
11、身についている骨を取り
   除きます。
12、尾側の皮と身の間に包丁
   を入れ、皮をひっぱりなが
   ら身をはがします。
13、腹身側に小骨を残して背
   身を切り離す。次に腹身
   から小骨を切り取る。
   残った小骨のついた身は
   あら汁で使用します。1枚
   で4本のさくが出来ます。
  



   

 □真鯛
   真鯛は全長120cmに達する比較的大きな
  魚で、日本では古くから赤い体の色と「めでタ
  イ」の語呂合わせから、慶祝事や祭りにおい
  て欠かせない高級食材とされてきました。
   また、3月から6月頃に産卵のために浅瀬
  に来る真鯛は「桜鯛」と呼ばれ、脂がのって   
  おり、最も美味しいと言われており、他の季 
  節のものと区別され珍重されています。

 □主な栄養成分
   ビタミンB1・B2
   カリウム
   ナイアシン
   タウリン

 □ごち網漁
    美川天然真鯛は、マダイの習性を利用しロープで追いながら網に追い込み巻き上げる伝統
   的な「ごち網漁」で漁を行っています。この漁法で獲るマダイは活きが良く、魚体にあまり傷が
   付かない綺麗な状態で水揚げされるのが特徴です。
    県内では古くからの「本ごち」とよばれるごち網漁で通年操業しているのは美川漁港所属の
   漁船のみであり、希少価値が高いと言えます。

                                                        

 □食器に関するお問い合わせは

     ニッコー株式会社  〒924-8686 石川県白山市相木町383 076-276-2121(代表)



 
 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。