本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消からまるごと白山食材料理レシピ

まるごと白山食材料理レシピ

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

 
まるごと白山
食材料理

 
 
 文句ナシ丼
 
 焼きなすのすまし汁
 
 トマトのごま和え
なめこのおろし和え甘酒抹茶白玉
 

 

 
 
  ○主食
文句ナシ丼  
 
   
材料(4人分)作り方




ごはん      
梨(幸水がおすすめ)
豚バラ肉(薄切り)         
ししとう(甘とう美人)
剣崎なんば味噌 
にんにく    
しょうが    
砂糖      
A
みりん     
しょうゆ(濃・薄)
サラダ油            

  


600g 
中玉1個
300g
6本
小さじ1杯       
2かけ
1かけ
大さじ1/2 

大さじ1
各大さじ1
大さじ1 

  1  にんにくとしょうがを薄く切り、サラダ油を熱したフライパンに入れ、弱火でよく香りを出す。

2  1のフライパンに豚肉を入れ、強火で豚肉に焼き色がつくまで炒め、皿に取り出す。

3  2のフライパンでししとうを炒め、皿に取り出す。(お子様がいる場合はふたをし、蒸し焼きにして十分に火を通す。)

4  3のフライパンでいちょう切りにした梨を炒め、砂糖を入れる。 
 (果物が好きな方は軽くしゃきしゃきと炒め、苦手な方はしっかりと炒めると隠れます。)Aを加えて味付ける。 

5  どんぶりにご飯を盛り、4を盛りつけ、3のししとうを飾り付け、完成。大人には小皿に剣崎なんば味噌を添えて供してください。

この料理は第3回白山のうまい米と味わいたい「地産地消」簡単料理コンクールで最優秀賞に輝いた作品です。白山農林水産物ブランドの松任梨を使用しました。
 
  ○汁物
焼きなすのすまし汁       
 
   
材料(4人分)作り方
なす     
大葉     
だし     
しょうゆ   
酒      
塩      
おろししょうが 
 
4個
2枚
400cc
小さじ1/
小さじ1/
小さじ1/
お好みで
 

 1  なすは焼いて皮をむき、半分にさく。

 2  だしにしょうゆ、酒、塩を加え温め、すまし汁を作る。

 3  器になすを入れ、すまし汁を注ぎ、大葉のせんぎり、お好みでおろししょうがを添える。

 
 
  ○副菜
 
トマトのごま和え
  
 
   
材料(4人分)作り方




まっとうトマト 
白ごま     
砂糖      
しょうゆ    

 

    
大2個
大さじ4
小さじ2
小さじ2

 1  トマトは中の種等をとり、2cmの角切りにする。                   

 2  フライパンにごまを入れて弱火にかけ、木べらでゆっくり混ぜる。
  ごまに色がつき、香ばしい香りがしてくるまで、鍋をふりながら炒る。   

 3  2をすり鉢に入れ、すりこぎでする。ごまが粉状になり、ごまから出た油でしっとりするまでする。

 4  砂糖としょうゆを加え、混ぜ、さらにトマトを加え混ぜる。

 * 冷やして食べるとよりおいしいです。

白山市農林水産物ブランドのまっとうトマトを使用しました。
 

  ○副菜
 
なめこのおろし和え
  
 
   
材料(4人分)作り方

なめこ  
大根       
A
酢     
しょうゆ  
砂糖   
みりん  
塩     
    
200g
300g

大さじ1~2
大さじ1
小さじ1
小さじ1
少々

 1  なめこは熱湯に通し、水気をきっておく。

2  大根をおろし、キッチンペーパーにくるみ、軽く水気をきる。

3  Aの調味料を合わせる・。

4  器に大根おろしを盛り、その上になめこをのせ、合わせた調味料をかける。

白山ろくで栽培しているなめこを使用しました。


  ○デザート
 
甘酒抹茶白玉
  
 
   
材料(4人分)作り方






・甘酒抹茶蜜
甘酒 
抹茶 
天日塩 
・かぼちゃ団子
白玉粉 
甘酒 
蒸したかぼちゃ 
(皮を取り除いた正味量)

 

    
3/4カップ
小さじ1少々

50g

大さじ2
50g

  1  甘酒抹茶蜜をつくる。甘酒抹茶蜜の材料を全て合わて、よく混ぜる。
  
   
2  かぼちゃ団子を作る。甘酒と水大さじ2を混ぜ合わせてから、白玉粉を加える。手で良くすり混ぜて白玉粉をまんべんなく湿らす。かぼちゃを加えて良く練り合 わせる。水分が足りなければ少しずつ水を足して耳たぶの固さくらいになるように調節する。
 
3  2の生地を8等分して丸めて、沸騰した湯で茹でる。団子が浮き上がってきたらさらに1〜2分ゆで、冷水にとる。

  4  盛りつける。器に甘酒抹茶蜜を流し入れ、2のかぼちゃ団子を盛りつける。
 

アルコール分のない甘酒なのでお子様も安心して食べられます。かぼちゃは坊ちゃんかぼちゃを使いました。麹料理研究家小紺先生に教わりました。



 
 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
このページは役に立ちましたか。