本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から雛料理レシピ

雛料理レシピ

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

 

 
 
 
 

   雛料理レシピ
 
黒豆ちらし寿司茶碗蒸し     菜の花辛し和え
はまぐりのお吸い物ミルク寒天 
 


 
 ○主食
 
黒豆ちらし寿司                   
 
   
 
材料(4人分)作り方

米 2カップ
黒豆30g
(合わせ酢)
酢 大さじ3
砂糖小さじ2
小さじ1/
絹さや6枚
卵 1個
少々
サラダ油小さじ1
*ふくさ寿司
4個
少々
サラダ油適量
三つ葉8本

  1. 米は洗って炊飯器の内がまに入れ、2カップの目盛りまで水を入れる。黒豆は洗って水気をきり、フライパンで約10分程弱めの中火で乾煎りする。絹さやはすじをとり、ゆでる。
  2. 炊飯器で黒豆を加えて炊く。炊き上がったら、すし桶に移して合わせ酢をかけ、しゃもじで切るようように混ぜる。
  3. 卵をボールに割り入れ塩少々を加えて混ぜ、卵焼き用のフライパンで薄焼き卵を作り、千切りにし、錦糸卵にする。
  4. 2を器に盛り、斜め切りの絹さや、錦糸卵を散らす。
  5. *ふくさ寿司
    卵はボールに割り入れ、溶きほぐし、塩少々を混ぜ、、万能こし器でこす。油を薄くひいたフライパンを熱し、ぬれぶきんの上で冷まし、卵液を入れて薄く広げる。弱火にかけて表面が乾いたら竹串を使って、裏返し、軽く焼く。同様に8枚作る。
  6. すし飯を四角に軽く握り、薄焼き卵の上にのせ、包む。包み終わりはにする。三つ葉は葉が上の中心になるよう、巻き茎を下に、軸になるよう留める。

    ・ すし飯はちらし寿司等お好みのものを入れてもよい。
    しらす、ごぼう、人参、蓮根、きのこ等。

    ・ 時短寿司:炊飯器で炊き込みご飯を作り、寿司酢を混ぜるとちらし寿司ができる。具材は、ごぼう、人参、しらす干し、きのこ等で。いなり寿司にもできる。
 

 
. ○主菜
茶碗蒸し     
 
   
 材料(4人分)    作り方
2個
出し汁2カップ
小さじ1
みりん小さじ2
鶏ささみ100g
椎茸1枚
人参4枚(7mm)
かまぼこ4枚(5mm)
三つ葉4本

  1. 卵は溶きほぐし、だしと塩、みりんを混ぜと合わせ、ザルでこす。
  2. 鶏肉は一口大に切り、弱火で5分程煮ておく。人参は切って型抜きして茹でておく。椎茸は軸をとり、4等分に。かまぼこは薄切り、三つ葉の葉は結び、軸は切っておく。
  3. 茶碗に鶏肉、人参、椎茸、かまぼこを入れ、その上に1を静かに注ぐ。
  4. 蒸し器に水滴が落ちないように、ふたに布巾をかけ、輪ゴムで止め火にかけ、蒸気が十分に立ったら、茶碗を並べて蓋をする。1分強火で蒸し、弱火で9分蒸す。
  5. いったん火を止めて、三つ葉をのせ1分弱火で蒸す。竹串を刺して澄んだ汁がでたら出来上がり。

    * だし汁に麺つゆを伸ばして使っても良い。ユリ根、ぎんなん、じゃがいもなどを入れてもおいしい。

      

 ○副菜
菜の花辛し和え    
 
   
材料(4人分)作り方

菜の花1束
少々
練りがらし小さじ1/
醤油大さじ1・1/2
(人参の型抜き
の残り)
適量

  1. 菜の花は穂先と葉を摘み、茎は根元のかたい部分を切り落とし、1~2cm長さに切る。
  2. 塩少々を加えた熱湯に菜の花の穂先と葉と茎を同時に入れ、茎に火が通ったら冷水にとり、水気を絞る。茶碗蒸しで使った人参の型抜きの残りをあらく刻む。
  3. 練りがらしと醤油を伸ばし2を加えて和える。器に盛り付ける。
 

 ○汁物
はまぐりのお吸い物 
 
   
材料(4人分)作り方
はまぐり8個
菜の花4本
塩 小さじ2/3

大さじ1
4、5カップ
  1. はまぐりは砂出しする。鍋に水を入れて、はまぐりを入れ、(貝は水からいれること!)強火にかけ、煮立って口があいたらアクを取り、酒、塩で味を調える。
  2. 茹でて2~3cmに切った菜の花を椀に入れ、1のはまぐりも入れ、汁を注ぐ。

    ・ 太平洋側では主にはまぐりを。日本海側では主にあさりやしじみを使っていた。 

 〇デザート
ミルク寒天 
 
   
材料(4人分)作り方
牛乳1、5カップ
粉寒天4g
砂糖50g
1カップ
6個
   

  1. 苺は洗い、へたを取り、縦半分にきる。水でぬらした流し缶に苺を並べる。
  2. 小鍋に粉寒天を入れ、次に水を入れ、よく混ぜ合わせて中火にかけ、3分くらい煮立て、寒天を溶かす。
  3. 砂糖を入れ、煮溶かし、牛乳を加えてひと混ぜし、火を止める。1の流し缶に流し入れ、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固め、好みの大きさに切り分ける。 

     ・ 他のくだもの等も入れても良い。(みかん缶、もも缶等)
 

 



 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 

このページは役に立ちましたか。