本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山のごっつぉ食べまっし!! まっとうトマト

白山のごっつぉ食べまっし!! まっとうトマト

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

白山のごっつぉ食べまっし!!



 
 
【まっとうトマト】
6月のお題は「まっとうトマト」です。
まっとうトマトは、白山市農林水産物ブランドに認定されており、
主にJA松任管轄で栽培されています。
 

【生産と出荷について】
今回は、 JA松任 トマト部会 米田 喜広さんのハウスにお邪魔させていただき、
JA松任トマト部会  谷 健次郎さんからお話を伺いました。


取材させていただいた米田さんのハウス

お話を伺った谷さん

JA松任トマト部会には、現在30軒の農家さんが加入しています。
メンバーが交代しながら、こまめにハウスを巡回することでトマトの病気を早期発見し、
瞬時に適切な対応をすることを心がけています。
また、まっとうトマトは石川県の基準よりも農薬の使用回数をできるだけ減らし、
有機肥料を増やして、安心・安全なトマトの栽培にも心がけています。
 


 

おいしいトマトを栽培するためには、トマトの苗を植える前の土づくりが大切です
また、根が深くまではるための水はけの良い土壌、豊かな水、きれいな空気の
3つが揃うことでおいしいトマトをつくることができます。
白山市には、トマト栽培に適した気候、土壌、白山から流れる豊かな伏流水と
おいしいトマトができる環境が整っています。


緑→白→赤の順に色づいていきます

下から順に色づいていきます
 

トマトは、緑色から白色、赤色の順で色付いていきます。
収穫時期として、一番ベストなのはもちろん赤色になってから。
しかし、完熟の真っ赤なトマトになってから収穫するのではなく、まだ少し白っぽい赤色の
成熟されたタイミングで収穫されます。
そうすることで、選果場などを経由している間に、真っ赤な完熟トマトとなって
私たち消費者のところに届けられます。

また、トマトは春トマトと秋トマトの2つの時期に出荷されています。
春トマトは5月から7月下旬まで、秋トマトは夏から秋、冬にかけて収穫・出荷しています。
トマト部会では、年間500t(5月~12月)のトマトを出荷していて、
そのうち、春トマトは年間400t出荷しています。
5~7月の時期がもっとも盛んに栽培されていることが分かりますね。

 
      

よりおいしいトマトの見分け方》
トマトのヘタと反対側のおしりに注目
てっぺんから星のようなスジが、はっきりしているトマトが
より甘くておいしいトマトになります。

《谷さんおすすめのトマトの食べ方》
トマトソースを作って、ピザやお餅にかけて食べるとおいしくいただけるそうです
また、作ったトマトソースは冷凍しておくことで、冬でも美味しくいただけるとのこと!


 
地産地消推奨店のこちらでは、白山市のおいしいトマトを使った料理がいただけます。
↓↓↓
料亭 かつ新

             
 



           
                                                                    

 


このページは、地元CATV局の(株)あさがおテレビの協力で作成しております。

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

 
 
 
このページは役に立ちましたか。