本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の食育と地産地消から白山のごっつぉ食べまっし!! きゅうり

白山のごっつぉ食べまっし!! きゅうり

 
「トップページ」へリンク「食育」にリンク「白山市の味」へリンク「地産地消」へリンク「地産地消推奨店」へリンク「農林水産物情報」へリンク「直売所情報」へリンク
 

白山のごっつぉ食べまっし!!
 

 
 
【きゅうり】
5月のお題は「きゅうり」です。
農家のみなさんのご苦労などにより、一年中食べられるようになったきゅうりですが、
生産の最盛期は主に春と夏-秋の2シーズンに分かれます。

 

【生産と出荷について】
今回は、春の半促成キュウリ部会部会長 浜田浩一さんのハウスにお邪魔させていただき、
秋の抑制キュウリ部会部会長 平田賢一さんからお話を伺いました。

取材させていただいた浜田さんのハウス

お話を伺った平田さん

きゅうりは成長が非常に早く、生産が始まったら休む暇はありません。
取材させていただいた浜田さんの畑では、1月の中旬に種をまき、3月の初旬に畑に
苗を植えたものが、4月の中旬には収穫が始まっていました。
ここから、8月中旬まで収穫予定です。
多い日には朝と夕方の1日2回収穫を行うというので、まさにノンストップ!
 

切り口からきゅうりの水が出てきます

水やりの配管 マルチには水を通す小さい穴があります
 

きゅうりの管理で最も重要な要素の一つは、「水の管理」です。
水が十分になければきゅうりは育ちませんが、水を多く使用する分、
湿気を好むきゅうりの病気に気を付けなければいけません。
浜田さん、平田さんを始めJA松任きゅうり部会の皆さんは
耐病性の高い品種のきゅうりを選ぶなどして、病気を防ぐための農薬使用を最小限に抑えて
安心・安全なきゅうりを私たち消費者に届けてくださっています。



手際よく見極めて収穫していきます

どんどん芽が出るので手入れも素早く!
 
きゅうりの収穫の基準は「太さ」
選別の基準は「長さ」です。
太さの規格は3㎝以内で、カメラによる厳しい選別が行われます。
一般的にLサイズと言われ、一番使いやすいとされているのが長さ23-25㎝。

また、まっすぐ育つようにということにも気を遣います。
風が当たるときゅうりが曲がってしまうということを皆さんご存知でしたか?
風が当たった部分が乾燥して硬くなり、曲がってしまうのだそうです。

さらに、鮮度を保つために温度管理も重要です。
収穫後、高温になったり、日差しを当てていたりすると
すぐにシナシナになってしまいます。

         
きゅうりは黄色い五角形の花を咲かせます。
きゅうりが大きくなるにつれて花はしぼんでいきますが、
最後まできゅうりにくっついたままです。
収穫するときにとってしまうので、お店に出ているきゅうりには
見られませんね。






 


 
地産地消推奨店のこちらでは、白山市のおいしいきゅうりを使った料理がいただけます。
↓↓↓
中華料理 美美

海鮮炒め               中華風甘酢漬け                 甘みそ炒め
 


トーチー炒め                ニンニク和え
 
  店長                                   料理長

 


このページは、地元CATV局の(株)あさがおテレビの協力で作成しております。

 
 
食育・地産地消 〜まるごと!はくさん!〜 トップに戻る 
 

 
 
 
このページは役に立ちましたか。