本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の教育・文化・スポーツの中の文化財から紙本墨書 足利義氏書状

紙本墨書 足利義氏書状

お問い合わせ
部署名: 文化財保護課電話番号: 076-274-9579FAX番号: 076-274-1665E-mail: bunkazai@city.hakusan.lg.jp
足利義氏書状白山市指定有形文化財 書跡
紙本墨書 足利義氏書状(しほんぼくしょ あしかがよしうじしょじょう

 〔所在地〕 白山市東一番町12番地
 〔所有者〕 本誓寺
 〔員  〕 一幅
 〔形  状〕 横幀
 〔寸  法〕 縦12cm、横幅49cm 
 〔指定日〕 昭和45年7月22

 この書状は、第5代古河公方であった足利義氏から本誓寺に宛てたものです。内容は、永禄3年(1560)以来、長尾弾正少弼(上杉謙信)が関東侵攻を繰り返している。北条氏康父子が防戦に努めているが、この秋再度侵攻するという情報が入った。越中の安養寺や瑞泉寺とよく打ち合わせの上、越後を攪乱してほしい。成功の暁には布教の許可を与える。なお、使僧として古河勝願寺を派遣したので、彼の言葉をよく聞くように。孫六兼元の愛刀をお渡しする、というもので、差出人は義氏の書状ですが、北条氏康の意向がうかがえます。日付が8月3日とあり、年次が入っていませんが、永禄年間のものであると考えられます。
   
このページは役に立ちましたか。