本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の課別でさがすの中の企画課から自治基本条例

自治基本条例

お問い合わせ
部署名: 企画課電話番号: 076-274-9503FAX番号: 076-274-9518E-mail: kikaku@city.hakusan.lg.jp

 


 自治基本条例を制定しました  

  〜市民・議会・行政がお互いに連携し、協力してまちづくりを進めるために〜

 市民参加と、市民と市の協働を基本にまちづくりを進め、市民憲章の精神に基づき、未来に向かい、夢と希望あふれる、住んで良かったと実感できる白山市を創り上げるためのルールです。                       

 

 
              【白山市自治基本条例】

≪ 前 文 ≫

 私たちの白山市は 、平成17年に松任市 、美川町 、鶴来町 、河内村 、吉野谷村 、鳥越村、尾口村及び白峰村の1市2町5村が合併してできたまちです。
 日本三名山の一つ霊峰白山を仰ぎ 、白山麓の広大な森林 、一級河川手取川とそれを水源とする歴史的文化遺産七ヶ用水、そして水産資源豊富な日本海など、かけがえのない自然に恵まれた文化の薫り高いまちです。
 この地に暮らす私たちは 、それぞれの地域に根ざした暮らしや先人から受け継いだ歴史と伝統文化を慈しみ、育んできました。
 これからもこの豊かな自然との共生により、人と人、地域と地域が互いに支え合いながら、自らの英知で魅力と活力ある白山市を創造し、次の世代に引き継いでいかなければなりません。
 これからのまちづくりは、市民参加と市民と市の協働を基本にまちづくりを進めていく必要があります。そのために、私たちは、一人一人がまちづくりの主体であることを自覚し、考え、行動しなければなりません。
 こうした認識の下、私たちは、市民憲章の精神に基づき、未来に向かい、夢と希望あふれる、住んでよかったと実感できる白山市を市民協働で創り上げるための基本条例として、この条例を制定します。

 「白山市自治基本条例はこちら(PDF形式、167KB)」

 

                    条例のポイント  

●市民を主体としたまちづくり
  
市民が「まちづくりの主体」として自分たちのまちのことを自分たちの責任で考え、行動する
ための基本原則を確認することで、市民本位のまちづくりを進めます。

●お互いの力を発揮する「協働によるまちづくり」
   町内会などによる市民相互の助け合いを促進し、市民と行政が連携してお互いの力を発揮
する「協働のまちづくり」を推進します。

●市民の声を聴く市政
   市民からの信託を受けた議会と市長が連携し、市民の声に耳を傾けて適切に市政を運営
していくことを規定しています。


このページは役に立ちましたか。