白山市のすがたまえへもどる
白山市は、石川県南部「加賀地方」(かがちほう)とよばれるところにあります。
平成(へいせい)17年2月に、松任市(まっとうし)、美川町(みかわまち)、鶴来町(つるぎまち)、河内村(かわちむら)、吉野谷村(よしのだにむら)、鳥越村(とりごえむら)、尾口村(おぐちむら)、白峰村(しらみねむら)の1市2町5村が合併(がっぺい)してできた、あたらしい市です。
面積(めんせき)は、754.93平方キロメートルあり石川県でいちばん大きな市です。富山県(とやまけん)、岐阜県(ぎふけん)、福井県(ふくいけん)とせっしています。


 面積  754.93平方km
 人口  112,813人
(平成28年3月末)
 人口密度  149.5人/平方km(平成27年12月末)
 小学校数  19校
(平成27年5月)
 児童数  6,729人(平成27年5月)
 中学校数   9校(平成27年5月)
 
生徒数  3,563人(平成27年5月)
 
高等学校数  4校(平成27年5月)
 生徒数  1,527人
(平成27年5月)
 大学・短期大学数  3校(平成28年5月)
 学生数  1,807
(平成28年5月)

 ページトップへ