本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中のまちづくり・産業・交流の中の都市計画から土地利用計画・都市施設計画に関すること

土地利用計画・都市施設計画に関すること

お問い合わせ
部署名: 都市計画課電話番号: 076-274-9558FAX番号: 076-274-4188E-mail: keikaku@city.hakusan.lg.jp
 

 
 
  
 

都市計画区域

 
 都市計画区域とは、自然的・社会的条件などを勘案し、一体の都市として総合的に整備・開発・保全を図る必要がある地域で、いわば都市計画を策定する場をいいます。
 本市では、 行政区域(75,493ha)のうち、旧行政区域ごとに松任都市計画、美川都市計画、鶴来都市計画の3つの都市計画区域がありましたが、平成24年6月5日に『白山都市計画区域(10,469ha)』として統合しました。
 また、策定以降の急激な社会情勢の変化に対応するため、平成27年10月2日に白山都市計画区域マスタープランの変更を行いました。

 
白山都市計画区域マスタープラン
(都市計画区域の整備、開発及び保全の方針)
計画図 PDF形式 (533kbyte)附図 PDF形式 (742kbyte)

 

土地利用制度の見直しについて

 本市では、平成24年に白山都市計画として再編するまでは、「松任都市計画区域(線引きされている区域)」と「美川・鶴来都市計画区域(線引きされていない区域)」では、土地利用上に格差が生じていました。そこで、一体の都市として、均衡ある発展、良好な市街地の形成、優良な農地の保全、行政の効率化を図るため、都市計画区域全域に「区域区分(線引き)」を導入することとして、平成24年6月5日に土地利用制度を見直しました。

   
土地利用の見直しについて≫
 
ページの先頭へ
 
 

市街化区域及び市街化調整区域

 
 市街化区域及び市街化調整区域は、都市地域における無秩序な市街化を防ぎ、公共投資の効率化を図るため、昭和43年の新しい都市計画法の制定により設けられた制度です。
 本市では、松任都市計画区域(旧松任市)において昭和50年6月6日に市街化区域と市街化調整区域に区域区分(いわゆる線引き)を行い、平成24年6月5日に白山都市計画への移行に併せ白山都市計画区域全域(旧松任市、旧美川町、旧鶴来町)に区域区分を設定しました。
 

 
市街化区域既に市街地を形成している区域及び概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域2,634ha
市街化調整区域市街化を抑制すべき区域7,835ha
 10,469ha
ページの先頭へ
 
 
 

用途地域

 
  用途地域とは、地域の種別に応じて建築物の用途、建蔽率、容積率及び高さなどを規制し、適正な機能と良好な環境を有する健全な市街地の形成を図ることを目的とした、地域地区の基本となるものです。
 本市では、市街化区域において、現在12種類の用途地域を指定しています。
 

 
第1種低層住居専用地域低層住宅の良好な環境保護のための地域 (高さ制限 10m)239ha
第2種低層住居専用地域小規模な店舗の立地は認められる、低層住宅の良好な環境保護のための地域 (高さ制限 10m)9.0ha
第1種中高層住居専用地域中高層住宅の良好な環境保護のための地域216ha
第2種中高層住居専用地域一定の利便施設の立地は認められる、中高層住宅の良好な環境保護のための地域10ha
第1種住居地域大規模な店舗、事務所の立地は制限される、住宅の環境保護のための地域755ha
第2種住居地域大規模な店舗、事務所の立地も認められる、住宅の環境保護のための地域69ha
準住居地域道路の沿道において、自動車関連施設等と住宅が調和して立地する地域62ha
近隣商業地域近隣の住宅地の住民のための店舗、事務所等の利便の増進を図る地域105ha
商業地域店舗、事務所等の利便の増進を図る地域25ha
準工業地域環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便の増進を図る地域583ha
工業地域工業の利便の増進を図る地域309ha
工業専用地域  専ら工業の利便の増進を図るための地域252ha
 2,634ha
 

建築物の用途制限の概要
PDF形式 (967kbyte)pdf

建蔽率については、「地区計画(白山市建蔽率制限地区)」によって、さらに制限している地区があります。

   白山市建蔽率制限地区地区計画について
 
ページの先頭へ
 
 
 

特別用途地区

 
 特別用途地区は、用途地域内の一定の地区において、当該地区の特性に応じた土地利用の増進、環境の保護などを図るために、当該用途地域の指定に補完して、建築物の用途制限の強化又は緩和を定める地区です。
 本市では千代野地区ほか16地区に定めています。
 

第1種特別工業地区
(千代野地区、一木地区、
出城地区)
風俗営業関連施設の排除、ホテル・学校などの排除、環境を
害する恐れのある工場などの排除など
9.7ha
第2種特別工業地区
(石川地区、石川第二地区、
山島・舘畑地区、鹿島工業
団地地区、美川インターパーク
地区、森島工業団地地区)
専用住宅などの排除、風俗営業関連施設の排除など93ha
第3種特別工業地区
(鶴来地区)
風俗営業関連施設の排除、大規模集客施設などの排除など7.3ha
第4種特別工業地区
(旭地区、郷地区、湊工業団
地第一地区、湊工業団地第
二地区、林地区)
風俗営業関連施設の排除など64ha
第1種商業専用地区
(中奥地区、松任・林中地区)
風俗営業関連施設の排除、学校、環境を害する恐れのある
工場などの排除など
23ha
 
 
 
197ha

特別用途地区の概要
PDF形式 (107kbyte)pdf
特別用途地区(位置図)
PDF形式 (1,379kbyte)pdf
具体的な制限内容(白山市特別用途地区建築条例)
PDF形式 (136kbyte)pdf
 
ページの先頭へ
 
 
 

準防火地域

 
 準防火地域は、市街地における火災の危険を防除するため、建築物を構造面から規制するために定めた地域です。
 本市では、松任駅周辺の商業業務地を中心とした住宅密集地約131haの地域について指定しています。
 

 
構造・規模 階数 延べ面積(階数にかかわらず)
耐火建築物
としなければならないもの
階数4以上のもの
(地階を除く)
1,500平方メートルをこえるもの
準耐火建築物
としなければならないもの
階数3のもの
(地階を除く)
500平方メートルをこえ、
1,500平方メートル以下のもの

準防火地域(位置図)
PDF形式 (1,289kbyte)pdf
 
 
ページの先頭へ
 
 

地区計画

 
 地区計画は、無秩序な開発を防止し、その地区の特性にふさわしい良好な環境の形成・保全を図るために、住民の合意に基づいて、その地区の建築物などの細かい規制や誘導を定めたものです。
 本市では、白山都市計画区域内の25地区において定めています。
     
   地区計画に関する詳細≫


 また、上記とは別に、建築物の建蔽率の最高限度を制限する地区計画(届出不要)を条例により定めております。 

白山市建蔽率制限地区地区計画(位置図)
PDF形式 (1,396kbyte)pdf
 
ページの先頭へ
 
 
 

都市施設計画

 
 都市施設計画については、都市計画課にお問い合わせください。
     
      都市施設の見直しについて≫
 
ページの先頭へ

PDF形式のファイルをご覧になるには、 Adobe Acrobat Readerが必要になります(無償)。

Adobe Acrobat Reader ダウンロード
このページは役に立ちましたか。