本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページから白山市曽谷地区 地区計画

白山市曽谷地区 地区計画

お問い合わせ
部署名: 都市計画課電話番号: 076-274-9558FAX番号: 076-274-4188E-mail: keikaku@city.hakusan.lg.jp
 
 
 
<<前の地区へ<<一覧へ戻る次の地区へ>>

白山遠望イラスト
<<届出についてはこちら  
地区の概要
策定期日 平成25年7月9日
位置 白山市曽谷町、熱野町、道法寺町の各一部
面積 約9.6ha
土地利用の方針  ゆとりとやすらぎのある住宅地として、敷地の細分化の防止により、低密度な住宅地を確保するため、主として戸建て住宅の立地を誘導しながら、日用品販売店舗など、ある程度の生活利便施設も立地可能とした快適な居住環境の形成を図る地区とする。
なお、本地区では資材置き場、廃車・解体物置き場の用に供する土地利用を行ってはならない。
 また、自動車が駐車できる場所は、事務所及び店舗数に3を乗じた台数並びに住戸数に1を乗じた台数以上の面積(1台分の面積は長さ5m、幅2.3mとする)を確保する。

地区整備計画
建築物等の用途の制限  次に掲げる建築物を建築してはならない。
  1. ホテル、旅館
  2. ボーリング場、スケート場、ゴルフ練習場、バッティング練習場等
  3. 神社、寺院、教会その他これらに類するもの
  4. 工場(第2種中高層住居専用地域に建築できる工場を除く)
  5. 畜舎
  6. 危険物(火薬類)の貯蔵・処理を行う施設
建築物の敷地面積の最低限度 200㎡
壁面の位置の制限  道路境界線から建築物の壁面又はこれに代わる柱の面までの距離は0.5m以上とする。
 ただし、床面積に算入されない出窓は、この限りでない。
壁面後退区域における工作物の設置の制限  道路境界線から0.5mの範囲には、広告物、看板などの工作物を設置してはならない。
建築物等の高さの最高限度 15m以下かつ4階以下
建築物等の形態又は色彩その他の意匠の制限
1. 建築物の屋根及び外壁の色彩は周辺の景観と調和した色彩とし、下表のとおりとする。ただし、建築物等の外観の各面の5分の1未満の面積でアクセント色として使用する色彩又は表面に着色していない自然石、木材、土壁、ガラス等の素材本来が持つ色彩については、この限りではない。
色相 明度 彩度
0.1R~YR~5Y3~8.56以下
5.1Y~10Y4以下
その他2以下

2. 屋外広告物は、自己の用に供するもので、景観形成上支障のないものとする。また、表示面積の合計は5㎡以下とし、建築物の屋上及び軒高より上には設置してはならない。
垣又はさくの構造の制限  道路境界線から0.5mの範囲にある垣の設置については、生け垣を基本として緑化に努めるものとし、コンクリートブロック、レンガ、石積、フェンス等のさくについては、設置してはならない。(ただし、植栽土の流出止めとして設置する場合は、道路境界から0.5mの範囲は高さ0.1m以下とする。)
 ただし、公益上必要な建築物及び工作物については、この限りでない。
 

曽谷地区区域図

 
 詳細につきましては、都市計画課でご確認ください
 
ページ先頭へ
このページは役に立ちましたか。