本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の暮らしの手続きの中の国民年金から国民年金の保険料

国民年金の保険料

お問い合わせ
部署名: 保険年金課電話番号: 076-274-9528FAX番号: 076-274-9519E-mail: hoken@city.hakusan.lg.jp
■ 保険料について
 
 第1号被保険者の国民年金保険料は、月額16,340円(平成30年度)です。
  この他に付加保険料として毎月400円を納めることができます。
 第2号、第3号被保険者は、個別に納付する必要はありません。

 ※2年分、1年分、または6か月分の保険料あるいは、告示されている期間のすべての保険料を前納
  すると、一定率の割引になる制度があります。


■ 保険料の納付方法
 
 日本年金機構から送付される納付書で金融機関・郵便局・コンビニエンスストア(お支払できる店舗
は、納付書の裏面に記載されています。)にて納めてください。
 便利な口座振替のご利用をお勧めします。
 また、クレジットカードによるお支払いも可能です。
 
 ※市役所では納付できません。
 ※保険料の納付についてご不明な点がございましたら、金沢南年金事務所(TEL:076‐245-2311)へ 
  お尋ねく ださい。

保険料の納め方(日本年金機構ホームページへ)

ページの先頭へ

■ 保険料の納付が困難なとき
 
    免除・納付猶予制度
 
    災害、失業などで保険料を納めることが困難な方には、免除制度があります。
    免除には、全額免除と一部納付(一部免除)制度、納付猶予制度があり、申請により
    被保険者・配偶者・世帯主の前年所得等により日本年金機構で審査されます。
    免除(全額免除・一部納付)の申請期間は、7月から翌年6月までです。
    承認されたときは、保険料の免除期間も年金の受給資格期間として認められますが、老齢基
    礎年金を受給されるときには、免除されていた期間の年金額は減額となります。

         ※手続きには、年金手帳、個人番号のわかるもの、運転免許証等本人確認のできるもの、
      印鑑が必要です。
           また、失業などを理由として申請するときは、離職票や受給資格者証などが必要です。 

       
国民年金保険料免除・納付猶予制度について(日本年金機構ホームページへ)


    学生納付特例制度
 
    学生の方で保険料の納付が困難なときは、学生納付特例制度があります。
    学生本人の前年所得が118万円以下であれば、申請し、承認を受けるとその期間の保険料の
    納付が猶予されます。
    学生納付特例制度により猶予を受けた期間は、受給資格期間として算入されますが、
    年金額には反映しません。

    ※手続きには、年金手帳、個人番号のわかるもの、運転免許証等本人確認のできるもの、
     印鑑、学生証(有効期間が表記されているもの)または、在学証明書等が必要となります。

    学生納付特例制度について(日本年金機構ホームページへ)


    免除や猶予を受けた期間については、10年以内であれば、保険料をさかのぼって納める「追
     納」ができます。
    ただし、3年度目以降に追納するときは、当時の保険料に加算額がつきます。

   ※追納を希望するときは、日本年金機構へ申し出てください。

ページの先頭へ

■ 保険料を重複して納めたとき
 
 国民年金保険料を、間違って納めてしまった場合や重複して納めてしまった場合には、日本年金
 機構から国民年金保険料還付請求書が届きます。
 必要事項をご記入のうえ、日本年金機構へ提出することで、後日、還付金として振り込みされます。
このページは役に立ちましたか。