本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページの中の暮らしの手続きの中の国民健康保険・後期高齢者医療から05国民健康保険税 - 軽減制度

05国民健康保険税 - 軽減制度

お問い合わせ
部署名: 保険年金課電話番号: 076-274-9528FAX番号: 076-274-9519E-mail: hoken@city.hakusan.lg.jp


国民健康保険税の軽減制度
 前年中の所得が一定額以下の世帯に対して税額の負担を軽くする軽減制度を設けています。
 医療保険分、後期高齢者支援金分及び介護保険分の「均等割額・平等割額」が軽減の対象となります。
 軽減基準は、下表のとおりです。

軽減割合軽減の基準申請
7割軽減同一世帯の世帯主及び国保加入者と特定同一世帯所属者の前年中の総所得金額の合計が《基礎控除額33万円》を超えない世帯不要
5割軽減《基礎控除額33万円+27万円×(国保加入者数+特定同一世帯所属者数)》を超えない世帯
2割軽減《基礎控除額33万円+49万円×(国保加入者数+特定同一世帯所属者数)》を超えない世帯


特定同一世帯所属者とは・・・

後期高齢者医療制度の適用により国民健康保険の資格を喪失された方で、その喪失日以降も継続して同一の世帯に所属する方。(世帯主の異動があった場合は特定同一世帯所属者ではなくなります。)

※所得の申告のない方は軽減を受けられませんので、所得がなくても必ず申告してください。
※65歳以上の公的年金受給者は、軽減判定する際に更に15万円まで控除することができます。
※専従者給与は、軽減判定する際に支払者の所得として計算します。
  《後期高齢者医療制度に係る国保税軽減等のその他説明については、
こちら



■計算例1
 《夫66歳(公的年金収入180万円・固定資産税なし)、妻66歳(公的年金収入90万円・固定資産税なし)》

◎基準所得額:270,000円 … ①
  夫 ・ 年金所得:1,800,000円(年金収入) - 1,200,000円(年金所得控除) = 600,000円
             600,000円(年金所得) -   330,000円(基礎控除) = 270,000円 … (1)
  妻 ・ 年金所得:  900,000円(年金収入) - 1,200,000円(年金所得控除)  ≒ 0円 … (2)
 ※この世帯の基準所得額は(1)+(2)の合計額の270,000円になります。

◎軽減判定所得:450,000円
 65歳以上の方の場合、年金所得600,000円から特別控除150,000円を引いた450,000円になります。
 ※この世帯の軽減判定所得は、7割軽減の基準330,000円超のため7割軽減に該当しません。
  5割軽減の基準870,000円【330,000円+(270,000×2人)】以下のため5割軽減となります。

       医療分     支援金分   介護分
 所得割 ①270,000円×6.9%
   =18,630円
 ①270,000円×1.4%
   =3,780円
 なし
 資産割
 なし
       ―     ―
 均等割 30,000円×2人
   =60,000円

 5割軽減後:30,000円
 6,000円×2人
   =12,000円

 5割軽減後:6,000円
 なし
 平均割 1世帯あたり34,200円

 5割軽減後:17,100円
 1世帯あたり5,400円

 5割軽減後:2,700円
 なし
 合 計
 65,700円 … (A)
 (100円未満切捨て)
 12,400円 … (B)
 (100円未満切捨て)
 なし … (C)

◎年間国保税額:医療分(A)+支援金分(B)+介護分(C)=78,100円


■計算例2
 《夫42歳(給与収入320万円・固定資産税2万円)、妻38歳(所得なし・固定資産税なし)、子12歳、子8歳》

◎基準所得額:1,730,000円 … ①
  夫 ・ 給与所得:3,200,000円(給与収入) × 70% - 180,000円 = 2,060,000円
             2,060,000円(給与所得) - 330,000円(基礎控除) = 1,730,000円
 ※「×70% - 180,000円」の給与所得控除は、給与収入の金額により値が変わります。

◎軽減判定所得:2,060,000円
 ※この世帯の軽減判定所得は、7割軽減の基準330,000円超のため7割軽減に該当しません。
 5割軽減の基準1,410,000円【330,000円+(270,000×4人)】超のため5割軽減にも該当しません。
 2割軽減の基準2,290,000円【330,000円+(490,000×4人)】以下のため2割軽減となります。

      医療分     支援金分     介護分
 所得割 ①1,730,000円×6.9%
  =119,370円
 ①1,730,000円×1.4%
   =24,220円
 ①1,730,000円×1.5%
  =25,950円
 資産割 20,000円×24%
   =4,800円
      ―      ―
 均等割 30,000円×4人
   =120,000円

 2割軽減後:96,000円
 6,000円×4人
   =24,000円

 2割軽減後:19,200円
 8,000円×1人
   =8,000円

 2割軽減後:6,400円
 平均割 1世帯あたり34,200円

 2割軽減後:27,360円
 1世帯あたり5,400円

 2割軽減後:4,320円
 1世帯あたり7,000円

 2割軽減後:5,600円
 合 計
 247,500円 … (A)
 (100円未満切捨て)
 47,700円 … (B)
 (100円未満切捨て)
 37,900円 … (C)
 (100円未満切捨て)
 
年間国保税額:医療分(A)+支援金分(B)+介護分(C)=333,100円


ページの先頭へ


このページは役に立ちましたか。