本文へジャンプ
白山市 
 
文字を縮小する文字を標準にする文字を拡大する
 
 携帯サイト 白山市Facebook Language   サイトマップ
現在位置:トップページから松任ふるさと館庭園ライトアップ「H23七夕夜灯」開催記録

松任ふるさと館庭園ライトアップ「H23七夕夜灯」開催記録

 

  
 
みなさまのおかげで盛会のうちに
           終えることが出来ました。


  松任ふるさと館イベント情報庭園案内アクセス

と き平成23年7月8日(金曜日) 、9日(土曜日) 午後5時〜夜9時
ところ 白山市松任ふるさと館および日本庭園「紫雲園」:石川県白山市殿町56番地
白山市立千代女の里俳句館:石川県白山市殿町57番地1 
開催内容

 松任ふるさと館の日本庭園「紫雲園(しうんえん)」をライトアップして、2日間にわたり夜間開放した「七夕夜灯(たなばたよあかり)」。
同館内や隣接する俳句館内では、下記の楽しい
イベントを開催。訪れた人々は七夕の夜景と風情を満喫しました。
日(金) ●バイオリン・ビオラのミニコンサート

【出演】 大谷渉さん(Vn講師)
【時間】 午後6時30分から7時まで
【会場】 千代女の里俳句館1階 サテライトステージ
【曲目】
 クラシック、童謡など6曲
【内容】
 バッハのバイオリンソナタの演奏で幕が開き、後半ではビオラに楽器を持ち替え「ふるさと」などの童謡を披露してくださいました。繊細で格調高いバイオリンと温かい中音域が魅力のビオラの2種類の音色は夕闇迫る紫雲園にしっとりと響きました。アンコールには童謡「七夕」を演奏していただき、聴衆の皆さん方もいっしょに唱和して、幕を閉じました。
●「文学の絵」展ギャラリートーク
 
【演題】 文字と中国文学
【出演】 井口哲郎さん(元石川近代文学館長)
     西のぼるさん(さし絵画家)
【時間】 午後7時5分から8時15分まで
【会場】 千代女の里俳句館2階 企画展示室
【内容】
 6月18日から始まった「文学の絵」展の世界をより深く鑑賞していただくために、井口さん・西さんをお招きして、ギャラリートーク(列品解説)を開催しました。俳句館職員による宮城谷昌光の歴史エッセイ・北方謙三の小説の朗読をまじえながら、西さんのさし絵の制作テクニックから始まり、装丁にまつわるエピソードやその特徴について井口さんの丁寧な解説をいただき、参加者はさし絵原画に見入っていました。
日(土) ●七夕茶会・裏千家村上社中
 
【時間】 午後5時から8時まで
【会場】 松任ふるさと館1階 和室
【内容】 
 ふるさと館1階和室に於いて茶会が催されました。待合には松任を代表する女流俳人故野本永久さんの句軸が掛けられました。七夕夜灯のイベントに因んで、亭主の村上先生からは、七夕の迎え方などの含蓄あるお話を拝聴し、心づくしのもてなしを受け、参加者も満足した和やかな雰囲気の茶会となりました。約200人の愛好者が集いました。

●七夕句会

【時間】 午後5時から8時まで
【会場】 千代女の里俳句館2階 研修室
【内容】
 
俳句館2階研修室では七夕句会が松任俳句協会の皆さん
44名により、行われました。嘱目および当季雑詠の席題が午後5時30分までに投句、参加者の互選により午後6時30分から披講となりました。
 選評を、五嶋吉人さん、永瀬幸子副会長、飯田順子さん、亀田会長の順にいただき、長谷川吉雄副会長のあいさつをもって盛会のうち終了となりました。 
   



問合わせ白山市教育委員会 松任ふるさと館 (電話番号:076‐276‐5614)
         千代女の里俳句館 (電話番号:076‐276‐0819)
               ホームページ:http://haikukan.city.hakusan.ishikawa.jp/
 
        
 


このページは役に立ちましたか。